Audi TT クーペ (8s) 納車

人生3台目のマイカーは… TT クーペ 1.8 TFSI 現行!

納車ドン。

高速含めて走ってきた。

いい!すばらしい!かっこいい!最高!

と言いたい中で、どうしてもコイツは気に入らんという点がすぐに2つ出てきた。

1. 足かたい
2. オーディオだめ

試乗車がノーマルの17インチ(225/50R17)だったのに対して、限定モデルにつき強制的に18インチ(245/40R18)になったから、足がかたい原因は明白。インチダウンすればok。ついでにスポーツタイヤやめてコンフォート系のタイヤにすればさらによくなるはず。ごめんTT…。19にインチアップしちゃうかどうかっていう車種なのに、まさかのインチダウン。売る時のために18インチホイールはちゃんと保管しておくからね! 扁平率40と50でこんなに乗り心地が変わるとは思ってなかったよ..。 (9/1 換装済み. 写真はノーマルの17インチ)

あと、オーディオは盲点だった。あんまり聞くことなくなったけど、ふと再生したら、そこケチってたのか!という感じ。207CCよりも明らかにクオリティ低い。オプションにサウンドシステムがあったけど、ノーマルでもマシだろうと思っていた。まぁ、どこかのタイミングでスピーカーとアンプ入れ替えれば問題ないでしょう。

ただ、この2点以外は、ホント素晴らしい。アウディ自体が初めてだけど、とことん洗練されてることに驚く。とにかく無駄がない。デザインが合理的で、日本人が事なかれ主義でついついデザインしがちな「ごちゃごちゃ」がない。

バーチャルコックピットでナビがダッシュボードから排除されてすっきり。室内灯ひとつとっても、ON/OFFのスイッチがなくて、ランプ自体がタッチセンサになってる。長くタップすると明るさの調整。ふつう、そこにon/offボタンと明るさのダイヤルを付けてしまうと思う。 UI設計そのものだ。

そのあたりの合理性が、洗練された事業をデザインしなくちゃいけない立場の自分にハマった。

考えさせられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください