苦悩キター

俺の社会人として記念すべき第一弾の仕事内容が与えられました。 簡単に言うと、楽しいネットサービスの案を出せ、みたいな抽象的極まりない感じ(´Д`;) つーわけで、提案の芯となるアイディアを1日でひねり出し、さらに1日でPowerPoint作成、会議で一意見として発表してきた。いろんな人が俺と同じよう…

俺の社会人として記念すべき第一弾の仕事内容が与えられました。

簡単に言うと、楽しいネットサービスの案を出せ、みたいな。

つーわけで、提案の芯となるアイディアを1日でひねり出し、さらに1日でPowerPoint作成、会議で一意見として発表してきた。
いろんな人が俺と同じようにアイディアを持ち寄って、議論。

で、その会議の素直な感想。

ダメだこりゃ。

議論はシステム内部のことばかり。ネットユーザの視点からの使いやすさだとか、ネットユーザの特性を踏まえた議論が皆無。
明らかに議論の優先順位が間違ってる…。それを遠まわしに発言したら嫌な顔された(´Д`;)

あー、ネットサービスを実際に使ったことがない人達がネットサービスを企画すると、こうなるのかぁ、とか思ったり。まずもって、
サービス企画する人に若い人いねぇんだもん・・・。

けどなぁ、新入社員が「根本的にやり方変えたほうが建設的じゃないですか」みたいな事を口に出すわけにも行かないし。。。
このままだと「とりあえず会議が円滑に進めばいいか」的な思想に染まってしまいそうでつ(´Д`;)

さーて・・・

問題はこの状況を踏まえた上で何ができるかだなぁ。

金曜日は朝6時45分に自宅を出て、帰ってきたのは夜10時過ぎ。帰りの電車で「疲れた」よりも「この企画をなんとかできないか」
をずっと考えるあたり、俺は仕事人間の可能性が高そうです。。。

「苦悩キター」への2件のフィードバック

  1. 発表内でシステム内部の話を踏まえた上で、徐々にユーザビリティの割合を高めていくとか(笑)

    ぶちお色に染めあげろヽ(`Д´)ノ

  2. とりあえず静観しながら機会を伺うことにするぜ。

    どーにもこーにも改善されない場合には会社自体に見切り付けるかもしれんしな 笑

    とりあえずこれから1年は自分の属する組織自体を知るための勉強よ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください