休日の秋葉原

になりました。 おととい、ジャンキスト清水が某銀行の口座を解約しに関東に来ていたので、一ヶ月ぶりに会ってきた。あいも変わらずだったし、しっかり技術者になっていた。 昨日今日は、ぼけーっと都内を散歩。特に理由もなく御茶ノ水で降りて、そこから聖地・秋葉原までトボトボ歩く。 最近なにかと話題のアキバだけど…

5月になりました。

おととい、ジャンキスト清水が某銀行の口座を解約しに関東に来ていたので、一ヶ月ぶりに会ってきた。あいも変わらずだったし、
しっかり技術者になっていた。

昨日今日は、ぼけーっと都内を散歩。特に理由もなく御茶ノ水で降りて、そこから聖地・秋葉原までトボトボ歩く。

最近なにかと話題のアキバだけど、駅前のビルUDXにメシ屋街 – AKIBA-ICHI – ができてからは、
ときどき会社帰りに寄って夕飯食べるのに使ってる。おすすめ。味もまぁまぁ。値段は少し高め。あと雰囲気は独特だけど悪くない感じ。

で、ぼけーっと根津神社前から総武線ガード下を歩き、アキバUDXに到着。はらへったから「上海バール」っつう中華屋に入ってみた。
中華屋といってもオープンカフェみたいになってて雰囲気はとても良い。目の前はジャンクパーツ屋とドンキホーテだけど、
違和感があるのは最初だけ。アキバだから仕方ないか、と割り切ってしまえばこっちのもの。大変心地よい。
注文したのはチンジャオロース。これ。むちゃくちゃうまかった。

飯を食べている途中、「うおーうおー」と変な歓声が遠くから聞こえてきて不思議だったので、食べ終わって上の広場に行ってみた。
そしたら、もう、俗に言うオタク系な人々が溢れ返って音楽に合わせてジャンプしてる。
よーーく目を凝らすとステージの上にはメガネっ子アイドルがマイクを持って歌う踊る。それにあわせてオタクも飛んだり跳ねたり。
一瞬まじって騒ごうかと思った。

その後、アキバのドンキに行ってぶらぶら。果てしなくジャンキーな雰囲気。5階はついにコスプレ衣装専門の階になったらしい。
あとはアキバ名産のジャージとか売ってた。「おまいら」とか「萌え」とか「アキバ系」
とかプリントされたTシャツも特産品コーナーになってた。

大丈夫なのかこの街は・・・とか思いつつ、帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください