すごいアイディアを思い付いた!?

すごくはないかもしれないけど…未だ無いもの。。。 作曲してる途中でふと思いついた。 かっこよく言えば… 「音声波形処理を用いた楽曲プログラミング言語」 作曲の過程というか、曲をいよいよ作る段階で、ベース、ドラム、ギター、 … “すごいアイディアを思い付いた!?” の続きを読む

すごくはないかもしれないけど…未だ無いもの。。。
作曲してる途中でふと思いついた。
かっこよく言えば…
「音声波形処理を用いた楽曲プログラミング言語」

作曲の過程というか、曲をいよいよ作る段階で、ベース、ドラム、ギター、シンセとかのwavファイルを多数ミキシングして行くわけだけど、これを一つのオブジェクトとして扱う。
WAVEクラスとかいう組み込み型ね。
そんでそのオブジェクトインスタンスに対して、エコーかけるなりパン分けるなりの処理をして、曲中での時間的な位置を指定したりする。 そんでどんどんミキシングして行くわけだ。
途中でコンパイル(試聴みたいなかんじ)して、どんなカンジになってるかどうか確認…みたいな。

あ、これ絶対すごいわ。 卒論にしよう。 まじ。

main(){

WAVE guitarL(“c:\guitar_left.wav”);
WAVE guitarR(“c:\guitar_right.wav”);
WAVE bass(“c:\bass.wav”);

guitarL.SetPan(-128);
guitarL.Chorus(CHORUS_TYPE_C,25); // コーラスかけたり
guitarR.SetPan(128);

WA!

VE guitar;
guitar.MixFrom(guitarL,guitarR);

}

こんなかんじで、ソフトウェアじゃなくて曲をつくるプログラミング言語!!!! あー我ながら素晴らしいアイディア!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください