音楽の先生

修士論文ごりごり執筆中。。。冒頭の話さえまとまればあと3,4日で叩き台ができそう。 最近は息抜きに音楽理論の勉強をしてる。IT関係の話は昼間だけでもう十分。真剣に音大の友達が欲しい。自分で書いた譜面を修正してもらえないと理解が進まない。 譜面といえば、高校の音楽の授業のとき、美人な先生(若い・背が高…

修士論文ごりごり執筆中。。。冒頭の話さえまとまればあと3,4日で叩き台ができそう。

最近は息抜きに音楽理論の勉強をしてる。IT関係の話は昼間だけでもう十分。真剣に音大の友達が欲しい。
自分で書いた譜面を修正してもらえないと理解が進まない。

譜面といえば、高校の音楽の授業のとき、美人な先生(若い・背が高い・白い)がいて、
よく放課後に自作のメロディラインを入れたMDを持って行って、コードをつけてもらってた。
その当時はコード載せるのもままならないレベルだったので。。。

んで、その美人先生(仮)は俺のメロディライン(MIDIで作った糞メロディ)を聴きながら一瞬でAm,G,FM7…
と書き上げていった。楽譜も何もないのに、音を一回聴いただけで。今思えば絶対音感持ってないと到底できる技じゃない。一回だけ、
高校のイベントでその美人先生のピアノの演奏会があって、演奏もとんでもないレベルだったのを覚えてる。

放課後の会話がドキドキだった。

先生「これ****君が作ったの?」
俺「はい、そうでつ(´Д`;)ハァ 」

あー懐かしい。もっと指南してもらえばよかった。。。授業中にガムを噛んでるのがバレて「今すぐ捨ててきなさい!」
って怒鳴られたことがあったけど、「怒った先生も悪くねぇな」とか心の中で思ったのを覚えてる。まったく、最悪な高校生です。

ちなみに古典の先生も大好きだった。

先生方、申し訳ありません(´Д`;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください