中島美嘉「雪の華」

やっぱりいいなぁ

中島美嘉の「雪の華」のPVとCDが手に入ったので聞いてみました。中島美嘉といえば九州出身のポーカーフェイスってイメージだったんですが、ちょっと前の「WILL」を聞いて、なるほどなるほどとうなずいてしまいました。今回のシングル「雪の華」も同じような曲なんですが、相変わらず不思議な雰囲気と潤った切ない彼女の声が、いかにも安っぽいバラードをしっかりとドラマチックな曲に仕立て上げています。

個人的にMISIAの「Everything」だとかこの手の曲はすごく好きです。
一応サウンドに興味のある私なので、Instrumentalも繰り返し聞きました。複雑なニュアンスを出すコード(マイナーセブンスだらけです)がピアノにしっかりと叩き込まれていて気持ちがいいですし、なんと言っても左前方のウエットなストリングが盛り上げています。左のアコギが足りないリズムを継ぎ足してのっぺりしないようになってたり、よくできているなぁと思いながら聞きました。
また歌詞もまた良く出来ていて(それはWILLの時にも思ったんですが)すごく気になって調べたところ、Satomiさんという方の作詞で、ホームページもありましたSatomiさんのサイト。 at glanceですがエッセイやリリックなども載せられてるようで、いろいろ感性もってる人なのかなぁと思います。ちなみにWILLのほうは違う人の作詞です。

こういう曲ってサウンドと歌詞以上に曲の表情はヴォーカルの声質に依存すると思うんです。なので、やっぱり中島美嘉じゃなきゃこの曲の良さはでない。でもアーティストとして心配なのは、こんな感じの曲を連発することで、プロデューサとか企画側がヘボッコだと末路は悲しいものになってしまいそうです。中島美嘉のキャラ共々色あせないでいてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください