無心プログラミング

また研究室に泊まってきました。とある事情から、昔お蔵入りにした研究ネタを急遽復活させなければならなくなり、2日でプログラム的に進捗を出せばそれなりに修士論文も終わりそうな感じだったので、秘儀・オーバードライブ・プログラミングを行ってきました。 とりあえずお蔵入りにしてから時間が経っていたので、ソース…

また研究室に泊まってきました。とある事情から、昔お蔵入りにした研究ネタを急遽復活させなければならなくなり、
2日でプログラム的に進捗を出せばそれなりに修士論文も終わりそうな感じだったので、秘儀・オーバードライブ・
プログラミングを行ってきました。

とりあえずお蔵入りにしてから時間が経っていたので、ソースが汚くて仕方ない(拡張性も一切考慮されてない)状態だったので、
新しいプロジェクトを生成。ゼロから書いたほうが懸命、という判断の元、夕方からコーディング開始。その結果、15時間後には、
明日にでも修士論文を書き始められるぐらいまでに完成。また、不精ヒゲが延びました。

今までのオーバードライブ・プログラミングの経験上、心を沈めて無心の状態でプログラムを書くと、
だいたい一晩で500行〜1000行ぐらいのプログラムを書けることが判明。C++で。我ながら、これは誇れる。誇らせてくれ。

んで、朝方8時ぐらいにプログラムが出来上がって、そのあと1時間ぐらい寝てからミーティングを行い、
午後からはデモンストレーションのためのムービー撮影&編集。

夜9時、ムービー完成&先生方へ提出。

いつものように、ムービーの作成にはAdobe Primireを使用。
10万円ぐらいで買える結構お手軽な動画編集ツールです。

プログラムとは関係ないけど、夜中に研究棟から出て一服してたとき、南のオリオン座が綺麗だった。
朝方6時ぐらいに同じく一服してたときは、雲ひとつない青ーい空が綺麗だった。昼間には紅葉して落ちる枯葉に気が付いた。

仕事してるほうが綺麗なものに気が付くとは、ここに来て初めて悟った。
むしろ夢中になってワイワイ遊んでいる時には気が付かない事が多いらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください