レーザー

友達づてに聞きたくないことを聞いてしまい、凹んだ。凹みながらも、やけに冷静でいられる自分に腹が立つ。「そんなはずはない!」と突っ走れるほどのバカ加減が欲しい。他人に笑われても、「あいつはおかしい」と言われても、平気で情けない姿を晒せるぐらいに自分を信じたい。小さなプライドに縛られて自分を信じれない自…

友達づてに聞きたくないことを聞いてしまい、凹んだ。凹みながらも、やけに冷静でいられる自分に腹が立つ。「そんなはずはない!」
と突っ走れるほどのバカ加減が欲しい。他人に笑われても、「あいつはおかしい」と言われても、平気で情けない姿を晒せるぐらいに自分を信じたい。
小さなプライドに縛られて自分を信じれない自分に気が付いてはいるんだけれど。どうした、行動派じゃなかったのか、と自問。
下手に大人ぶるとロクなことがないね。

研究室にて。夜中、4年生と卒論の話をしていたとき、レーザーポインタの話になった。そのとき、ふと
「そういえばレーザーポインタってどこまで届くのかな」という話を持ち出した。「キロ単位でいけるんじゃないですか」と4年生。おお・・・
興味が、興味が!!!レーザーポインタは危ないとはいえ、興味が!!!好奇心がー!というわけで、研究室に残って論文を書いてるもう一人にも
「ねぇねぇイタズラしてみない???」と話を持ちかけ、3人で窓を開けて、近くのビルにレーザーポインタを照射してみた。すると!!
200mぐらい離れたビルの壁面にキラキラと緑色のレーザースポットが映るではないか。す、すげー。しかも、レーザー光線の道筋が見える。
空に向かってレーザーを出せば、針のように細い緑色の光線が一直線に星を指す。飛行石もびっくり、ムスカもおどろき。
そして今度は1キロ先の某所のパラボラアンテナを狙ってみる。すると遥か遠くのパラボラアンテナに緑色の点が!こ、これはすげぇ…。感動した。
久しぶりに子供心に火がついた。このイタズラのドキドキがたまんねぇ、相当たまんねぇ…。というわけで、良い子のみんなはマネしないでください。
もし友達の目にレーザー光線を当ててしまうとその彼の網膜は焼けてしまい、あなたは傷害罪で逮捕されてしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください