苦労は買ってでもしろ

本題の前にとりあえず・・・
お金ない、マジでお金ない。

いや、直近を生きていく分はもちろんあるんだけど、
このペースで行ったら経営的に年内やばい、という話。
ベンチャー起業とか言って、ただの零細企業だし。
常に風前の灯。

もちろん、この道を選んだのは自分なので、誰も助けてくれない。
ぜんぶ自分で何とかするしかない。何とかできなかったら倒産。
という、シンプルな世界。
本当は、今までが守られてただけなんだけど。
自分が望んだので頑張る。

で、

いま勤めている会社を退職する手続きをしていたところ、とある取締役が「飲むぞ」と、誘ってくれた。
その人は、20代中頃で大企業をやめ、創業間もない今勤めている会社(当時は数名のベンチャー)に賭けてアルバイトで仕事を始めて、会社の成長と共に取締役になり、その後M&Aを繰り返しながら会社を育て、今では30代で資産ウン十億円、というまったく意味不明な人。
たぶん日本に金持ちはゴロゴロいるけど、普通の学生からガチでそこまでやってきた人は、ほとんど会うこと不可能だし、ましてや酒を飲めるなんて、末端のサラリーマンとしては滅多にない機会なのであります。
しかも、ガチで叩き上げてきた人なので、資産家なのにカネに溺れてないし、真っ直ぐで嫌な感じがしない。大企業によくいるような役員と比べて色々と違う。

話の内容としては、「引き止めないし、応援する」という内容で、単に僕がベンチャー立ち上げるという話を聞いて、話をききたかったらしい。もともとベンチャーやってた自分と重ねるのかもしれない。

で、いただいた助言もまたリアルで、

「ぶちお君がまだやったことがないのは、人に値段を付けることと、もっと言えば会社に値段を付けること。これは経験をしないとわからないので、困ったら経験者に聞くこと。」

とか、並の管理職じゃ、そんな助言してくれる人いないわけで、
その流れで
「例えば、いま飲んでるこのお店、3億で買うなら高いと思う?安いと思う?」
と、M&Aの考え方とかについても。

あとは、
「うまくいくかどうかは、運。会社経営うまくいっている人は、みんな運が良かっただけ。」
という根本的な話。

それと、
「経営はプロスポーツと同じ。社員は上に指導してくれる人がいるけれど、経営者は誰も指導してくれる人がいない。自分で自分に常に勝てないといけない。」

いやー、なんつーか凄いよ。
こりゃスポーツマンだわー・・・と思った。
イチローの意味不明度合いに似てる。

まぁ、そんな高尚な助言を色々いただいたわけですが、ぶっちゃけいまの状況にゃ役に立たなそうなので、ビンボー脱出したあかつきには、参考にして頑張る心づもり。

あと、とにかく、こういう人と会えたことだし、今の会社に転職して心底良かったと思ってる。噂でブラックな会社だとか言われることもあるし、実際に本気で忙しい時も多いんだけど、結局「なんかこの会社辛そう」とか「なんかイメージが嫌だ」っつう感覚で決め付けるのは超大損で、要は覚悟を決めて突っ込めば得られる物が多い。苦労は買ってでもしろ、という言葉、大嫌いだったけど、やっと飲み込めた。

そういう話も含め、人間やっぱり「覚悟」が全ての源なんだなと思ったりする。 覚悟っていうか、勇気?? 自分は昔から超ビビリなんだけど、いつも「自分はここまで十分に生きた。十分に幸せだった。」と言い聞かせて人生のリスクを取るスイッチを押すようにしてる。そうすれば、本当に失敗したときの防衛線になるので大変オトク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください