適正Nothing!

行ってきました説明会、そしてやってきました1時間の適正試験。GABっつう形式の問題だった。結果として、まったくできませんでした!ヤバイかもとかそういう問題ではなく、できませんでした。はい(笑)まぁSPIばっかり勉強しててGABの問題練習してなかったのもあるけど、まずもって数学のほうが時間が足りなくて…

行ってきました説明会、そしてやってきました1時間の適正試験。GABっつう形式の問題だった。結果として、まったくできませんでした。ヤバイとかそういう問題ではなく、
一切できませんでした。はい。

まぁSPIばっかり勉強しててGABの問題練習してなかったのもあるけど、
特に数学のほうが時間が足りなくて6割〜7割の問題数しか解けなかった。しかも正答率ときたらおそらく5割前後でしょう。
これじゃ面接で自分のアピールを聞いてもらう以前の問題だ。数学まったくダメなんだよなホントに。。。時間があれば解けるんだけど、
瞬間的な判断力が無いもんで。いや実を言うと、判断力うんぬんの前に、
なんと小数点が入った割り算が上手くできないという小学生も驚きの現象が起きた。「あれ、割り算の筆算ってどうやるんだっけ」
とか焦ってる時点で、たぶんもうだめなんでしょう。

ってなわけで、合格者には1週間以内にメールで面接の通知が来るらしいです。もし音沙汰なければ仕方なし、
通過の知らせがあれば御社は割り算につまずく人間と面接することになるわけです。どっちにしろ明日GABの練習問題買って来よう。
いい経験になった!

そういえば、説明会の真っ最中、前列から2番目なのにシッカリと寝てるヤツがいた。彼とは仲良くなれそうだ。また、質疑の時間、
東大から来てたヤツが他人が質問してる内容を鼻で笑ってて、若干その場でイスと机を蹴り倒しそうになりました。世の中、色んなヤツがいるのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください