MRIでパニック!!!

いやーーホントびっくりしたよ。
知らない自分を知った。。。

-------経緯--------

先日から首が痛いので、整形外科にいったら、「ヘルニアかもしれないし一回MRIで首の骨みておきましょ」ということになり、今日MRIを撮影してきた。

入ってみると噂通りすごい音でガンガンうるさい。
狭いし、嫌だなぁと思いながらも、寝そうになったり、音を聞いていた。

残り5分ぐらいで終わり、という時、突然の異変!

ふと目を開けると目の前にMRIの「壁」。

そりゃーMRIだから狭いんだけど、目の前の壁を見たら、
筒の中にガッチリ固定されている自分を「感じた」。

想像した、というのが正しい??かも

そんで「俺いま体ぜったいに動けないな~」みたいなことを一瞬考えた。

すると体がウズウズする。

「動くなよ、動いちゃだめだよ」と言われると動きたくなる、という感覚。

体はウズウズするので、意識で再び「動けない」と確認する。

すると、体はどんどん動きたくなる。
ガッツリ固定されている自分を感じれば感じるほど、意識じゃなくて本能が体を動かそうとする。

意識「動けない」
体 動きたいんだよ!!
意識「動けないから!!」
体 動きたいっつってんだろぉおおぉ!!
意識「動けないから!!!」
体 うごきてぇぇぇぇええええええぇぇぇぇ

む、なんだか心臓がドキドキしてきた・・・

ふーーふーーーふーーーーふーーーーーーーー
呼吸が早くなってきたぞ!!?

いかん、とりあえず深呼吸、深呼吸・・・

って吸えば吸うほど脈が速く・・・!?

なんかやばいな、
あ、でも俺いま動けねえじゃん
苦しいのに動けないじゃん!!!
え、まじで、まじで??
ドキドキドキドキバクバクバク
なんだこれ、なんだこれ
うおおおお苦しい出してくれえええええええ

というわけで、事前に渡されていた緊急ブザーON!!

「どーしましたー?」

「いや、なんか突然焦りだして心臓バクバクになってやばいです」

「あー閉所恐怖症ですね。あぶないんで、やめておきましょう。2枚だけは撮れたので。」

Oh...閉所恐怖症ってこれ...??

------------

というわけで、どうやらダメらしいです。

そういえば、おれ極端に電車が嫌いだ。
人ごみ苦手で、ひどいと眩暈するし。
混雑したエレベーターもすげー圧迫感あって嫌い。
ついでに昔からストレスで腹壊すの日常茶飯事だし、
数年前からは胃も壊してるし、
こりゃー相当に自律神経の制御がやられてる臭いな。。。

とにかく、31年間も生きていて、自分がパニック起こす性質をもっていることをまったく知らず、超驚いた。
ぜったいスキューバとかダメだね。
(けどスカイダイビングはやりたい)

しかし、頸椎ヘルニア???かもしれないのにMRI取れないなんてまたひどすぎる。
かろうじて撮れた2枚だけでわかるんだろうか。

若くないし健康第一だな、とかいいながらも、製品開発が楽しくて寝る時間を削って全力で勤しむ毎日。

やりすぎて死ぬタイプの人間であるなことを再確認。

そろそろブレーキかけないとやばいかも..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください