international

昨日、昼休みに煙草を吸ってると、研究室のフランス人が「あっちの芝生でベース弾いてるから来いよー」的なことを言ってきたので、行ってみた。屋外でギターならまだしも、どーしてベースかと思ったてたら、アコースティックベースだった。始めて目の前で見たけど、なかなか渋い音を出す。ベースなんて高校のバンドのメンバ…

昨日、昼休みに煙草を吸ってると、研究室のフランス人が「あっちの芝生でベース弾いてるから来いよー」的なことを言ってきたので、行ってみた。屋外でギターならまだしも、どーしてベースかと思ってたら、アコースティックベースだった。始めて目の前で見たけど、これがなかなか渋い音を出す。ベースなんて高校でバンドやってたときにメンバーに遊びで借りて弾いたぐらいで5,6年振りだったけど、弾かせてもらった。そしたら全然指が動かず。今ではたぶんギターも危うい。。。

今日はこれまた研究室のパキスタン人から、電話で本を注文したいんだけど日本語わからないからやってくれ、と頼まれて、なぜか俺が電話をかけさせられたりしました。うちの研究室はもともと国際色豊か(フランス,ベルギー,中国,パキスタン)で、しかも俺がリーダーになっている研究チームは半分ぐらいが外国人ですから、英語は嫌でも話せるようになるわけです。いや、話せるようになるというのは間違いで、通じる話し方ができるようになる、っつーのが正しいのかもしれません。
なぜかフランス語訛りの英語やウルドゥー語訛りの英語が聞き取れるようにもなります。。。当然、TOEICの点数は一向に伸びません
orz

いよいよ論文締め切り1週間を切り、テンション上がって参りました。人間、やる時はやらないと糞ですから、攻めの姿勢で頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください