ドットとドットをつなぐ by スティーブ・ジョブス

スティーブ・ジョブスの母校での有名な講演の中で、ドットをつなぐ、という話がある。

人生で色々なことをやってきて、一見それは独立していて、点のように見えるけれども、あるときその点同士がつながって、ひとつの線として見えてくる、という話。まぁ実に綺麗にまとめてくだすってありがたい話なんだけど、まさに今自分が感じているのがそれ、という、どうでもいい話。

というのも、筑波大時代の6年間の生活で学んだこと・出会った人脈、社会人になってからの3年間N社で学んだこと・出会った人脈、いまの会社で3年間学んだこと・出会った人脈。こいつらは本当に点と点なんだけど、これから自分が独立して30代を設計するにあたって、どれひとつとっても、もし欠けてたら今後の計画に支障があるものばかり。

2000年に大学に入学してから始まったストーリー??みたいなものは、2010年の今ちゃんと実になっているのかもしれないなーとか思ったりしてかなり嬉しい。いや結局前向きになってるだけで、別にドットはドットのままでばらばらな気がしなくもないんだけど。。。

2011年の4月からちょっと経歴に変化が付きそう。2010年、今年は大きなアウトプットこそ出てないけれど、独立を決意したって面では、過去10年振り返っても一番大きな決断をした年だった。
ほんとは、マンション買うか買わないかという話で切羽が詰まって、色々真剣に考えた結果、やりたいことやってから大きな買い物する、っつう筋書きがあって、まぁ嫁にキックされたっていう結構恥ずかしい格好なんだけど、もうなんでもいいよ。

最近、がっつり10年間を振り返る余裕と時間ができてきたので、色々考えたのでした。

そういえば秋といえば横浜でとった写真をうpしておく:

山下公園近くの紅葉
山下公園近くの紅葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください