DNA calls us.

なんか喉の調子が悪い。イガイガするー。煙草吸いすぎたんかな? Blogのカキコするためにソフトを起動してみたものの、書くことが特にない・・・。困った・・・。なんか色々ブチまけたい気分なんだけど、こんなトコで心の内をブチまけると俺のプライベートを世界中に配信してしまうことになる。それでもこのBlogに…

なんか喉の調子が悪い。イガイガするー。煙草吸いすぎたんかな?

Blogのカキコするためにソフトを起動してみたものの、書くことが特にない・・・。困った・・・。
なんか色々ブチまけたい気分なんだけど、こんなトコで心の内をブチまけると俺のプライベートを世界中に配信してしまうことになる。
それでもこのBlogにはかなり好き勝手書いてるけど。

今日は、朝までレポートやってて、起きて、学校に行ってレポート提出して、授業に出て、研究室でミーティングをして、カレー食べて、
プログラムをして、帰宅して、ビールを飲んで思わず寝て、こんな夜中に起きて、今に至る。

なんだなんだ、つまんねーな…○| ̄|_

こないだ買った洋書のThe wizard of Ozですが、授業中に4章まで読破。カカシがドロシーの仲間になったとこ。
時々わかんない言い回しがあるけど、単語は雰囲気で読めるので辞書はとりあえずいらない。読んでるうちに、
英語って綺麗で柔らかい表現もできるんだなぁと感じた。普段触れてる英語がhiphopスラングとかG.Bushのクソ演説とかなので。
いやいや、あんまり無意味に叩くのはいかんね。

そうだ、ゆうべ友人と徹夜でレポートやってたときのこと。

人間の認知モデル(SRK-Model)の観点から、”人が使いたがらない”ヒューマンインタフェースの考察をする、
っていう問題に悩んでた。ふと、気分転換のつもりで、俺がある美人さんの画像を表示した。うーん…有無を言わさず美人だ。べっぴんさんだ。
かわいい。しばらく友人と「このカワイさはレポートどこじゃねぇな」と騒いで、レポートの作業に戻ったとき・・・
友人がレポートの問題を眺めながらふと、「屁理屈だよな」とつぶやいた。そう、学問やってる人にはぶっとばされそうだけど、結局ソレだ。
理屈をいくら捏ね上げようとも、人間、男なら美人の前では頭カラッポ、むちゃくちゃな嘘も付くし、見苦しい見栄を張る。
意外に簡単なことのようで、普段はすっかりそんなこと忘れてる。すると、レポートの問題はあたかも「SRKモデルを用いて屁理屈をこねよ」
に見えてきた。そして書き上げた。結論、美人によってレポートが進む。

「DNA calls us.」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください