SPD GAR 001

lapix presents. このアルバムはまじでいい。

ダイエット2021シーズン開始

体重自体は数年前からほぼ変わってないんだけど、顔が丸くなったと言われることが増えた。アラフォーになると代謝も落ちてくるし、そろそろメンテしなければ。ということで5年振り?ぐらいに低意識ダイエット2021シーズン開始。

2016に試した糖質制限は無理だったし、目と鼻の先のジムに登録したものの、まったく運動も続かないことが判明しているため、今回は1日1,600kcalを目標としたカロリー制限のみでやっていきます。年末までに5kgぐらいしぼれればいいかな~って感じ。ダイエットというか単に食いすぎないようにするだけ、といったほうがいいかもしれない。自分にとってはそれが限界だろなぁ。。

シン・エヴァンゲリオン

ネタバレなし。

見てきた。庵野監督、エヴァを徹底的に終わらせたかったんだろうなと思った。岡田斗司夫は卒業式だと言っていたけど、監督からきちんとケジメつけてもらえたのは、エヴァのためにもよかったのかもしれない。

エヴァの社会現象化は世相だったし、その世相は変わった。うちの娘たちのことを見ていると、今の子供たちにとっての映像とはYouTubeやNetflixやTikTokやら有象無象のネットから提供される膨大な情報の一部と化している。だから「アニメ」だとか「映画」だとかそういう切り取り方そのものが、子供たちにとっては、情報の供給チャネルがテレビや映画館ほかに限られていた前時代的なものになってるんじゃないだろか。

重厚長大な個である恐竜や大型魚類が主体だった後に、ライトウェイトな個である哺乳類や虫の集団が構成する社会が主体となった生命の歴史ように、映像作品もまた、重厚長大な作品が化石となり、ライトウェイトな作品の群体がその本体となる時代が来たのかもしれない。

学校に思うこと

学校と教育の仕組みが歪みを蓄積している。先生が疲弊して、親が疲弊して、子供が疲弊してる。大昔に設計された教育の制度・価値観と時代のギャップが蓄積されつづけ、滑稽としか思えないような状況に出くわすことも珍しくない。

この状況は政治力をもった誰かが号令をかけて大きく改革を掲げるでもない限り変わらないだろうし、そして現実的にはそれは望めないだろう。なぜなら、その制度によって生計を立てている人が多すぎるからで、改革を行えば別の犠牲が出るからだ。そしてそのリスクを負う政治家はいないだろう。つまり、現場当事者全員が犠牲になる状態が出口なく延々と続く。一見平穏に回っている現場も、結局”なんとかまわっている”時に成立しているように見えているだけだ。どこかの部品が欠ければ、加速度的に狂うだろう。コロナはそれを加速・露呈させた。このブログでぐらいしか言えないが、正直言って、子供たちのイノセンス以外に、絶望しかない。

現場の先生がこのことを一番分かっている。同時に、歪みを知りつつ変えられない中で悩みながら身を削って努力されている。だから先生を責めるつもりは一切ない。

すべてはこの国のいろいろ仕組みが寿命を迎えつつある中で起きている機能不全の一部だ。自分の娘2人が、そういった学校・社会に対してこれからどう向き合っていくのか、それに必要な力と、僕が用意してあげられる物や環境や体験はなんなのか、考えない日はない。娘たちが、たまにそういう教育の歪みに遭遇して疲弊する姿を見ると苦しい。

時にはこれまで常識とされていた価値観に反することが必要だと思っている。他人から僕が少し変わった親と見られるぐらいの犠牲で、子供の負担が減るのであれば、安いものだと思う。

値上げラッシュ・金融危機の足音

値上げラッシュくるよ。理由は去年投稿したこの記事の通り:

去年末あたりから原油・穀物・金属・半導体・物流ほかあらゆるコストがコロナ禍からの回復を見据えて暴騰をはじめてる。最終製品に反映されるまでだいたい半年~1年なので、今年の夏ぐらいにかけて一気に値上げラッシュ。

これが数年の一過性のトレンドで終わればいいけど、もしインフレが止まらず長期金利があがり始めるといよいよ金融危機が来る。自分は、あと3~5年で最大の試練が来ると思ってる。家族と近しい人を守るためにいろいろと備えるのみ。