2次面接

某ベンチャーの2次面接だった。ウワサで3対1と聞いていたのですげー緊張した…。受付のおねーさんに面接室の前まで案内されて「ここです」。うわーやべーとか思いながら開けた。ノックするのをしっかり忘れた事にその瞬間気づく。面接官のお偉いさん方から「ノックしろよ…」的な冷たい視線が。冷たい視線は鳴れてますか…

某ベンチャーの2次面接だった。ウワサで3対1と聞いていたのですげー緊張した…。受付のおねーさんに面接室の前まで案内されて
「ここです」。うわーやべーとか思いながら開けた。ノックするのをしっかり忘れた事にその瞬間気づく。面接官のお偉いさん方から「ノックしろよ…
」的な冷たい視線が。冷たい視線は鳴れてますから。ええ。

2次面接は明らかに1次面接とは違った。ハンパない突っ込み。「それはなんで?」「そしたらどうするの?」
なかなかガッチリとした切り返しができずに苦労した。けど、色々話すうちに和やかな雰囲気というか、いい具合に緊張がほぐれてきて、
真剣に問答し合った。

途中、「キミは大手よりもベンチャーに向いてるんじゃないかなぁ」っぽいことを言われた。適当な事言いやがってこの野郎…
とか思いながらも「おっしゃる通りだと思います^^;」とニコやかに流しておいた。
“俺ってベンチャーに向いてる→ベンチャーに就職しよう”って、そんな頭悪い思考しねぇよ。職に向いてる事と、
実際に職を選ぶ事は全然違うんだよ。

最後に質問はありませんか?と言われたので「実際のところコンシューマ向けの事業って金儲かるんですか?」
と結構根本的な事を聞いてしまった。「あんたのやってることは意味あるんですか?」みたいな質問だからなぁ…。
さすがにお偉いさんもビックリして苦笑いしてた。いろいろとBtoCとBtoBの違いについて説明されたけど、最後には「その危機感、いいね。
君センスあるかもしれないよ。」と褒められた。嬉しいけど、これは罠か?

全体的に悪くない雰囲気だったけど、さて、どうなるやら。今回の自己教訓は…「採用される側であれどナメられるな」です。
虚勢でもなんでもいいから、必死の抵抗。やっぱこれに限る。

あ、いつ結果来るのか言われなかったな。。。だいじょぶか?。。。今までなら3,4日で来てたはずだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください