頭の整理 単一の規模の限界と分散システムの時代

頭の整理!

至極一般的な話、単一のやり方には最適な規模というものがある。そして最適な規模をオーバーして拡大させれば効率が犠牲になる。あるとき、ペイしなくなる。次に起きるのは、効率の良い小規模なものを大規模にまとめあげるシステムの進化だ。

生物の進化になぞらえれば、一時期、恐竜の時代、生物は体を巨大化させた。巨大化することが生存競争に有利になる。でも実際は巨大化することのデメリットが表面化しなかっただけだった。環境変化によって潜在的なデメリットが露呈してすぐ絶滅した。次に台頭したのは単一の個体が巨大な生き物ではなく「社会性」であった。それは単一の個体として最適な大きさをもちながら、それが別個体と連携して、擬似的に巨大な生物として維持されていく仕組みで、たとえば人間がそれにあたる。

例えばCPU、単一コアの微細化と高速化は限界が見えている。だからコアを複数持たせるとかGPGPUのように並列処理に特化したアーキテクチャの方向に進化している。例えば機械学習。単一の汎用の大規模な学習器ではなく、一つ一つは単純な判別をする学習器を組み合わせ、それを重み付けにのネットワークを構成することで全体として規模と性能を両立した学習器に仕立てる。

もちろん、この流れはビジネスや社会システムにも起きる。

もともと、強力な中央集権が抱える問題ゆえに、地方分権が考えられた。要するに、1人の王様がみんなから搾取しまくると、配下の能力のある人間から常にクーデターを企てられ、その繰り返しで国家として疲弊して、外敵に負ける。この構造的な問題に対して、能力のある人間にはそれなりに権力を分け与えて「ミニ王様」をやらせることで、自らのクーデターを企てられる確率を低くする。王様としては、頭と尻尾はくれてやるから、システム全体としての持続可能性を高めることができる。

じゃあビジネスの視点で考えると、小規模の集合体が集まっていく時代という考え方になるのだけれど、ではどのぐらいの小規模を束ねるのが一番良いかという話になる。たぶんそこがフロンティア。前のイジメのエントリに書いたけれど、スポットライトがあたらない価値というのは、本当に絶大だと思う。

大人になったって、どこにもここにもイジメがある

ある人なり会社なり個人がヘマをする。
それがネットなりメディアでもいいし、もう少し小規模な仲間内でもいい、とにかく、多くの目に晒されるとする。
そして観客が、あーだこーだと言う。
「これはひどいね」「だねだね」「分かってないんだろうね」「この程度なんだよね」「そういうことでしょう」
そして、あーだこーだ言い合ってる人達は、自分達が言い合うことにまったく問題ないと信じて疑わない。

これはイジメと同じ構図というか本質的にはイジメそのものなんだ。

僕だって気がつけばたまにそういうことに参加しているし、
ほとんどの人がそういうことをしている。

分かりやすく言えば、飲み会で、ある人を叩くのはとても盛り上がる。
「あの人ちょっとアレよね」と噂話をすると「そうそうそう」と盛り上がる。

イジメの本質は、特定の生贄を作ることで、イジメる側の結束を高めることにある。
本当のところ、イジメる側は、生贄のほうには興味がない。
興味があるのはイジメている人同士の横のつながりのほうだ。
だから生贄はどこまでも人として扱われない。
生贄自体には誰も興味がないからだ。

イジメる側は、なぜ横のつながりの強化のために生贄を作るか。
それは孤立を避けることで生存率を上げるという、動物的な社会性の本能に基づく。
つまりイジメの本質はDNAに組み込まれていることなんだ。
だから、誰でもイジメる側になっている。
いや、人間であれば、イジメる側になっていないことはありえない。

メディアとインターネットやら情報通信が発達すればするほど、加速度的にイジメの構図が増す。
1人を10人が叩くイジメが100箇所で起きていた時代から、
1人を100人が叩くイジメが10箇所で起きる時代になってきている。

生き残る方法は二つ。
一つ目は、生贄になっても特に問題にしないことだ。要するに究極の無神経と不感症。
二つ目は、石になり、意識を消し、存在を消すことだ。
イジメのすべての始まりは生贄として晒されることにある。
存在を認知されなければ晒されることはない。

スポットライトが当たることのリスクと、
スポットライトがあたらないことの価値が、
これほどに高まっている時代はない。

スポットライトに飛び込む、逃げるか、このバランスの難しさは、たまらなく面白い。

今は愚直に製品を作ることだけをしないといけない。
ニュースもtwitterもfacebookも本当に付き合い方が難しい。
流れつづける情報に思考を奪われて、いま本当に自分がしなければならないことを見失う。
それは、都心に住んでいるときに、街を歩いたり仕事をしたり同僚と飲んだだけでとにかくあらゆる情報が飛び込んできて、「本当にいま自分はなにをすべきか」という、雑音が無いたっぷりの時間がなければできない思考が妨げられて、知らず知らずに自分を見失ったのと、同じだ。

とどのつまりは、自分との勝負にある。
情報に踊らされそうになる自分自身に気づき、ブレーキをかけ、
自分が本当にやりたいことにシンプルに答える。
これができないと、次に進めないなぁ。。。

隅田川の桜

花見の季節ってことで家族4人で隅田川までいってきた。

b

長女が2才の時以来、2年ぶり。
菜の花と桜が、なんとも綺麗だった。

超絶ビール飲みたかったけど運転手だったのでノンアルコールで我慢。
もつ煮込みやら焼きそばやらを買って、桜の下の適当な場所で食べる。
桜の下で食えばなんでもうまい。

ちなみに、先日、次女が初の自立。やっと。

a

次女はハイハイを覚えずににお尻でズリズリ移動する珍しいタイプで、
ネットで検索するとどうやら「シャフリングベビー」と呼ばれるらしい。

かくいう自分も赤ん坊の頃にシャフリングベビーだったらしい。遺伝だね。すごい。
運動の能力が俺の遺伝なら、絶対にスポーツ苦手に育つはず。
次女よ、残念でした。

で、このタイプの赤ちゃんは、立ったり歩いたりするまでに時間がかかるらしく、
次女も例にもれず。歩くまでにはもう少し時間がかかりそう。

なんで遅くなるのかな~と考えていたんだけど、
お尻ズリズリだと、手に物を持ちながら移動できちゃうし、目線の高さもそれほど低くないので、
立って歩く必然性が生まれないのが遅くなる原因じゃないのかなぁと思ったり。
ハイハイだと、手に持って移動できないし、前かがみで目線が低くなるので、
上のほうを見たいときには立ち上がるしかないからね。

まぁ元気なので、マイペースでやってくれればそれでokである。