ニコ動で感じたイノベーションのジレンマ

ニコ動でマトリョーシカ800万再生いってて驚いた。
進撃の巨人1話無料が300万だから。
5年前の音楽のPVやらで、800万再生いってるの、あるんだろうか。

たぶん、本当に求められていたのはこれで、音楽レーベルが作った音楽は過剰になっていた。
イノベーションのジレンマの構図を感じた。

売り手は、買い手のニーズを追及しすぎて、本当に欲しがっているものとはズレたものを提供してしまう。買い手は、売られている物の中から選ぶしかないので、いつのまにか本当にほしい物を自分自身で忘れてしまう。売り手は買い手のニーズをしっかり見ていると思い込んでいるが、実際は、売り手が顧客を洗脳した状態にしている。買い手は買い手で、自分自身が本当に欲しい物を忘れてしまい、売り手が売るものを買うだけになる。一種の思考停止状態だ。

このギャップがある程度進んだ時に、ふと、忘れ去れていた「本当に欲しかったもの」をダイレクトに提供する人が現れる。そして一気にそこに買い手が流れ込み、ズレていたニーズをホンモノだと思い込んでいた売り手は死に、本当に欲しかったものを提供した人が新たな売り手となる。

そしてその新たな売り手も、しばらくすると、買い手から本当に欲しがっている物を忘れ初めて、以降繰り返される。

だから、一見完成されたように見える市場に対しも、新たに参入するチャンスがないわけではない。
イノベーションのジレンマを自己認識できない企業は、新たな参入者につけこまれるスキを与えてしまう。
ベンチャーはスキのある市場を常に探している。

サッポロ一番が強いのは、成長のためと称してサッポロ一番2やスーパーサッポロ一番にメインストリームを切り替えようとせずに、サッポロ一番を売り続けていることにある。最適解はそこにある。

そしてイノベーションのジレンマは何も企業体や経済活動にとどまらず、人の生き方に対しても普遍的に起きることだと思っている。

成長成長と煽られ、教育教育と縛られ、付加価値でブグブクに太らされ、本当は自分が欲しくないものを何故か自分自身で気が付かないままに追いかけてしまっている人が多い事、多い事。人が本当に欲しいものは古来変わることはなくて、答えは生活の中の小さいこと、例えば散歩しながら季節の変わり目を感じる瞬間にあったりするのに。

進撃の巨人

去年はじめて見てから、ほんとハマってる。
毎月9日の深夜0時になったらAmazonのKindleで別冊少年マガジン買ってる。
来年2016年にはアニメ第二期が始まるので今からもう待ち遠しくて仕方ない。
リアルタイムで連載してる漫画にこんなにハマッたのはもちろん人生初めて。

まずとにかく設定がいい。
ナウシカ張りの広大な設定がいい。
謎が謎を呼ぶ。
知りたくて仕方ない。
あーだこーだ思わず頭を回して考えちゃう。
練り込まれた伏線も素晴らしい。
5年越しの伏線回収をガンガンしていく。

何より好きなのは、キャラのそれぞれが持つ人間臭い事情。
死ぬ覚悟を決めきれない人間の弱さと葛藤。
死ぬ理由を決めて覚悟した人間が持つ強さと信念。

作者は僕より若いのに、いったいどんな経験をすれば
こんなに深みのある話を描けるのか。。。

自分的なイチオシキャラはアニ。
物理的な強さの裏側に持つ、戦士になりきれない不器用さ、アタマの切れ方と葛藤が、たまらん。

初の子連れTDL

ついに。
子連れの東京ディズニーランド。
4才と1才を引き連れて。
長女の誕生日プレゼントの一環。

最後にいったのは、結婚前に嫁と行った時だから、もう10年前ぐらいな気がする。
と思ってしらべたら2009年に行ってた。なので6年ぶり。

DSC07219

DSC07267

あいも変わらずファンタジーな世界だった。
すごいよね。
チケット代もメシ代もすごい。

娘がディズニーにがっつり触れるのが始めてということもあり、
どんなキャラクターが好きなのか、反応を楽しみにしていた。
ミニーか、ドナルドか、やっぱりアナ雪のエルサか。

結果、娘が一番好きだったキャラクターは…

img59888617

リトルグリーンメン。

やっぱ俺の娘だ。

ミーハー(死語)な可愛さよりも、奇抜な面白さ。

そして一番のお気に入りだった食べ物はこれ

「リトルグリーンまん」
700_1_20150730112131

さすが。

チュロスよアディオス。

ちなみに一番好きな乗り物は、
王道の「イッツアスモールワールド」でした。
そこは外さないらしい。

もちろん1才の下の娘も大興奮。

しかし、あの空間、大人になって改めて入ってみると、
かなり宗教チックでヤバいと思った。

世界中!!! ハイ、世界中!!!!

誰だって!!! ハイ、誰だって!!!

ほほえめば!!! ヨーーー

仲良しさ!!!!! ハイハイハイハイ!!!!

日!本!通!運!

そんな感じ。

娘も自分の子供ができたらきっと連れて行くんでしょう。
こうやってサービスは世代を超えていくんですね。

本当にすごいんですよ。
時代が変わっても愛されるものを提供するっていう事は。
奇跡。
そんなことを感じながらの夢の国でした。

娘は興奮冷めやらず、さっそく今週末にまた行きたいとゴネていますが、はい無理です。
また来年。

長女4才、次女1才

先日、長女が4才、次女が1才を迎えました。

長女はどちらかと言うと慎重派で、遠慮がち。やりたい事を素直にやりたいと声にして言いにくいタイプ。

それに対して、次女は、イケイケドンドン。
食いたい物があれば手をのばす。他の赤ちゃんの食い物でも手をのばす。
嫌なことがあればジタバタ暴れる。
甘えたい時は抱き着く。

長女の1歳の誕生日の時には、ヨーグルトクリームのパンケーキを目の前にして、
どう食べていいかモジモジして、慎重に触ったりしていたのですが…

次女の反応はこちら

DSC_0134

次女「ヒャッハーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

この姉妹の今後が非常に楽しみでございます。

DSC_0138