マンション買うにあたってあれこれ考えたこと

お金の話。

夏にマンションに引っ越しする予定なんだけど、このタイミングでマンションを買うのはだいぶ勇気が要った。

つくばエクスプレス沿線の地価は茨城県の中でも特異中の特異で、首都圏のマネーフローが流れ込む数少ない土地になってる。地方から東京への転出の時代、地方の住宅需要が減る中で、つくば駅近辺は例外的に転入状態とあり、とにかく住宅供給がすごい。買う側としてはモロ高値掴みのタイミングだ。実際にしばらく住む予定なので実需ということで飲んだけど、(円の価値が変わらないとしたときの)投資として買うには損だと思う。

それでも家買う後押しになったのは金利。

もちろん僕はチキン野郎なので固定にした。変動が怖いというよりも、変動にすると、上で言ったマンション自体の資産価値の変動に加えて、円のインフレリスクを受けるのが怖い。だって、黒田さんインタゲするって明言してるし。

変動でローン組むというのは、「我が家は日本経済と家計を連動させ、運命を共にすることを誓います」という宣言と同じだ。もちろん経済というか円がこのまま安定すると読むなら変動のほうがいい。でも個人的には、これから数年(五輪まで?)いまのバブルが続いて、何かの拍子に崩壊するという悲観論で読んでる。この時、崩壊の仕方がポイントで、偉い人たちがうまくお尻を拭けず、長期金利が上昇するようなことがあれば最悪。その時変動で組んでればモロに煽られるし、円は安くなるだろうし、キャッシュじゃなくて不動産として資産をもってたほうが結果的によかった、ぐらいになるリスクすらある。読みが外れて、円がソフトランディングしてくれれば、日本としては大変結構なことだけど。

金策は誰に相談したわけでもなく、一人で腹をくくった。どうせ起業した時点で博打うったようなモンなので、マンション買う事自体は特に悩まなかった。銀行の人に相談したところでポジショントークされるだけ。本やらメディアを読み漁っても結局はポジショントーク。所詮、金融商品なんて世界で一番マネーをもっているやつら同士の博打の打ち合いに伸るか反るかであって、一市民にとっては50%-50%の域を出ないと思っている。

またまた進撃の巨人からの引用だけど

「勝てなきゃ死ぬ 勝てば生きる 戦わなければ 勝てない」

ってやつについて、

戦えることの幸せ、ってのがあるのかなと思ったりしている。

神経質なのは親譲り…

長女の夜驚症っぽい症状は3日つづいて、ひとまず収まったっぽい。
普通にスヤスヤ寝てる。
ホント人間の脳って神秘だわ。
でも何かのストレスだとかきっかけでまた暴れそうな気がするな~
変に神経質なところ持ち合わせてるのは俺に似てる。
ほんと、気質も、遺伝による所が大きいと思う。

しかしまぁ、親の心配をよそに、いたって元気なこと。
わがまま放題。フザけて毎日怒られてる。
そして幼稚園が楽しいみたい。何よりです。。。

DSC05726

夜驚症? 娘が夜中に寝ぼけて暴れる…

その後、アデノは無事、長女と自分だけで収まり、妻と次女には伝染しなかったもよう。
本当によかった。

ホッとしたのも束の間。

長女が一昨日の夜から、突然、夜中に寝ぼけながら、もの凄い泣き叫んで暴れるようになった。
夜泣きっていうレベルじゃない。
一昨日だけかと思ったけど、昨日の夜も同じだった。
寝てから3-4時間ぐらいで始まって、突然10分ぐらい泣いて暴れると、また寝入ってしまう。
で、1時間ぐらいすると同じように暴れる。これが一晩で2,3セット来る。
泣きながら意味不明な言葉を言う。「ダメ!!!」とか「できない!!!!!」とか。
枕をガンガン叩いたり蹴ったり。
でも、朝起きてから日中はケロッとしてる。幼稚園も特段変わりないようだ。

心配になってネットを調べてみると夜驚症というのがピッタリ当てはまる感じ。
子供の発達に伴って起きるもので、病気ではないとか、3-5%ぐらいが体験するとか、
深い眠りと半覚醒が関連してるとか、そのうち治るから基本放置とか、
いろいろな情報がヒットする。
けど、多くは体験談やQA。
困り果ててるママさんたちのブログの悲鳴がいっぱい。
あとは、アフィリエイト系やSEOスパム系のサイトが多すぎ。

これ、昔であれば「癇癪」だとか「疳の虫」だとか「ひどい夜泣き」の中に
丸ごとひっくるめられてたんだろうな。
昔の人に言わせれば「子供なんてそんなものよ!」で一蹴されそうな感じ。。
昔、夜泣きに聞く薬「宇津救命丸」ってCMでやってたの思い出した。
こういう状態で、ワラをも掴む思いで頼る人が多いから、売れるんじゃないだろうか。
なんとなく、薬理だとか科学的証明の点で、怪しい部類の薬だと思ってるけど。
疳の虫を取るためにお祓いをした??とかいうエピソードも検索したら出てきた。

あげくの果てには、iPhoneと連動して夜驚症を防止するデバイス、とやらも出てきているらしい。
僕の本業の分野に近い話なので驚いた。
なんというかニッチなビジネス臭がすごいする。
(そして、ちょっと買ってみようかなという気になってしまう。)

要するに、医者に行っても、自然に改善するものだから静観しろ、としか言われず
医学的に原因を調べるほどまでにはメジャーな需要がない、
(医学にかかわらず科学全般に言えることだけど、「儲からない」分野に対しては研究が進まない)
でも、実際には親への精神的負担がかなり大きいから
怪しい民間療法がいろいろあったりする・・・といった所じゃないだろうか。

とにかく、
泣き叫び方が尋常じゃない感じなので、見ているほうが心配。
あと、マンションのお隣さんには一言言っておかないといけないレベル。

これ、どのぐらいで落ち着いてくるんだろうか。
あんまり続くようなら気休めかもしれないけど小児科に行ってみようかと思う。