我が家にアデノがやってきた

4日経っても38度~39度の熱が下がらず、喉が腫れまくって痰にうっすら血が混じる…

たまらず病院にいったところ、アデノウイルスと判明。

先々週から長女が1週間発熱してたけど、あれは実はアデノで、長女からもらってしまったんでしょう、とのこと。

幼稚園から珍しいウイルス殿やら細菌様を輸入してきては家庭内でお披露目されるという、この王道の展開。

嗚呼。

そして、どう考えても、妻や次女もウイルスに晒されてたことになる。

アデノ祭りの悪寒!

みなさまお気をつけてください。(どうやって!)

また風邪をもらうの巻

ぎっくり背中は1日置いたらすぐになおった。よかったよかった。

と思っていたら、

一昨日から喉の痛みと39℃近い発熱。。。ロキソニンで凌いでます。
いやぁ、今年に入って何回目だよ風邪引くの…
娘の1週間にわたる風邪が完治して、今回はもらわなかったな~と思っていたけど、もらったっぽい。
嫁と下の娘は平気みたい。
なんかここ半年ぐらいで免疫が落ちてるような気がするんだけど大丈夫なんだろうか自分。
単に若くなくなったという話であればいいんだけど。

しかし、技術系のビジネスというのは本当に難しいね。
技術系の零細企業なんて、競争力もなにもあるわけない。
同じことをやれる連中が星の数ほどいる。
だからとにかくニッチに徹さないといけない。
マスで戦うには技術的にも資本的にも体力が必要だ。
でもいつまでもニッチで燻っているのももどかしい。
どこかで伸びるきっかけが掴めればいいんだけどね。
とにかくやれることをやって、天命を待つしかないな。

ネットをだらだら見ていた。

「援助じゃアフリカは発展しない」
http://d.hatena.ne.jp/cosmostargirl/20110627/1309190380

アフリカの話はそうだよね、ということで、「著者は、ザンビア出身、ハーバードで修士号、オックスフォードで博士号をとり、世銀に2年、ゴールドマン・サックスで8年勤めた経験を持つ、女性エコノミスト。」の部分が気になった。100文字で表すには十分な迫力の経歴だ。

人はサルから進化して、今でも社会の中では文字通り「サル山」的な権力構造の中に入らざるを得ないんだけど、
僕はどうしてもサル山が昔から嫌いだ。嫌いな一方で興味もある。
ボス猿に近づき喜ばれることをすればお金も手に入るだろう。でも同時にボス猿に支配される契約でもある。
ゴールドマンサックスはボス猿に近い。ボス猿圏内。だから年収もいい。そりゃそうだ。
でもボス猿圏内だから及ぶ支配の力も強い。自分からボス猿を取ったら何なのか分からなくなってくるんだよね。
それでokな人はいいんだけど。
自分は何をしている時が幸せか、をキチンと認識するの、本当に大切だ。

ぎっくり背中。。。

一難去ってまた一難!!

右背中、肩甲骨下あたりの筋肉が寝違えたようになって、動かすと死ぬほど痛い。
「いぐぐぐぐ」って思わず声が出てしまう…
とりあえず医者いってこよう。

なんか変な体勢で仕事しすぎた予感。
職業病すぎる。。

娘の体調は今朝になってやっと回復。
ホントよかった。
けど本日も念のため幼稚園はお休み。
結局1週間も休んでしまった。
ずっと家に閉じこもり看病してる嫁が疲弊してる。
子供が調子悪くなると親も大変。

この歳になって気が付く未熟さ

はい、長女がもらってきました。風邪。
幼稚園に入園から一か月たっての洗礼というか、まぁ予想内。
ゴホゴホの咳と熱。現在39度まで上昇中。
座薬入れてなんとか寝てるけど可哀そう。。。

手際よく座薬を入れる妻を見て、ああ頼りになる妻だとしみじみ思うなど。

さてさて、

幼稚園のイベントで何回か園長の話を聞くタイミングがあった。
実に思想家な方で、人を引っ張る雰囲気を感じた。
根底に思想があって、その実現手段としての法人運営がある。
一口に法人や事業体といっても、経営者の思想一つで、意識の高い低いが決まる。
決して利潤追求だけが経営じゃない。

最近、自分がもう少し会社を大きくするには、何よりもチャレンジが足りないと痛感してる。
チャレンジにはそのための原動力が必要で、それは往々にして個人的な思想であったりする。
言い換えればリスクを取っても見たい景色があるかどうか、みたいな事。
思想までと大げさにならなくても、グランドデザインとかビジョンみたいなものでもいい。
それが弱いと投資が短期的になりがちだ。

ここのところ、この歳になって気が付く未熟さが多い。
幸いにもまだ少し時間がある。
どう自身の弱点を乗り越えていくか、じっくり考えようと思う。
まずは乗り越えていけると信じるところからだ。
この信じる、というのが実は一番難しく、でも信じてしまえば簡単な事だったりもする。

「進撃の巨人」の最新話では、ケニー・アッカーマンが死ぬ直前に、
みんな何かに酔っていた、みんな何かの奴隷だったと言っている。
今の自分に足りないのは奴隷になる覚悟かもしれない。

子供の成長を横で見ながら、自分もいま一度育てなければと改めて思う。

つくばフェスティバル2015

土日両日いってきた!
昼間から旨いモンで飲み食いできるお祭り。
その名もずばり「つくばフェスティバル」。
ネーミングはイマイチだけど楽しいイベントです。

DSC05517

国際交流のテーマも併せているため、世界各国の出店がいっぱい。

DSC05490

とにかく出店がうまそうなんです。

DSC05492

ドライフルーツの店が市場感あってよかった。

DSC05493

つくばの美味しい惣菜屋さん「シュエット」
下の娘が生まれてからまったく行けていなかったので久々に顔出し。

DSC05496

「シュエット」のネギチャーシュー丼と、「アンマーカリヤ」のカレーを合せてビール。
ちなみに土曜日はタイ料理「メーマリ」のタイラーメン、シュエットの肉の酒粕漬け焼きだった。

DSC05504

長女は安定のやきそばジャンキー。

DSC05506

メシは食えないけど祭りの雰囲気と強風に吹かれてご機嫌の次女

DSC05507

そして、セグウェイ試乗して満足の嫁。

DSC05541

天気よかったけど暑かった。
来年も飲み食いしに行こう。そうしよう。