友人結婚式@白金

ゲホゲホ終了!!! 抗生剤漬けになること1週間、まだちょっと鼻が出るけど、ほとんど治ったっぽい。
健康が一番なのですよ健康が。

で、大学時代の友人の結婚式にいってきた。ずーっと仲の良い連中の一人なので、久しぶりー!!おめでとーー!!って感じよりは、ついに結婚したかーいいねぇいいねぇみたいなノリで非常にリラックスして楽しめた。あとゴハン美味しかった。
披露宴のサプライズ余興でAKBの恋するフォーチュンクッキーを踊ったんだけど、ここ3週間ぐらい毎日風呂上りに5分間、YouTubeみて練習してたら、2才半になる娘も結構フリを覚えた。おかげで本番も終わって恋チュン踊る理由はなくなったにもかかわらず、YouTubeを見せろと要求されている。

あと、披露宴のテーブルで大学同期で集まって話をしてたとき、大学の連中であつまってこうやってまっ昼間から酒飲む日がたまに欲しいなーっていう話が出てた。ほんとそれいいかも。慶事でもない限りそういう機会ないもんなぁ。忘年会はみんなシーズンが被ったりして意外に難しい。あと、子供ができると夜に留守にするのけっこう難しい。そこで、白昼堂々ビールをプシュと開けるっていうのがいいかもしれん。眺めのいい場所で。

企画してみっかなーーー

風邪こじらせてゲホゲホ真っ最中です

今月の始めに引いた鼻風邪がずるずると長引いて、1週間前から悪化。
ものすごい色の鼻水と咳に見舞われ、咳で夜も寝れず、さすがにヤバそうだと思って病院へ。
抗生剤を含めて4種類ものお薬をいただいてきました。
とりあえず咳き込みすぎておえーーってなるの、勘弁してほしい…
熱はまったくない。呼吸器が壊れてる。
どうしたもんだか。
こんなに風邪で病院いったりすることなかったのに、やっぱり年なのかなぁ。

風邪はさておき、最近はポカポカ陽気になってきたこともあり、仕事はガンガン攻めるモード。
今年の目玉商品の開発が大詰め。
広告も出すし、展示会やイベント出展にも乗り出す。
3年目の勝負だね。これで勝つ。というか目標達成してダルマの目入れる。

高校の友達の結婚パーティ

結婚したということで二次会に行ってきた@品川。

家族の体調の関係で少しだけで出てきちゃったけど、数少ない高校時代の友人だから、ぜひとも会っておきたかった。10年以上ぶりだったけど、Facebookで写真を見てたから、特に変わった~って感じでもなかった。新郎だけじゃなくて、同じクラスだった友達とも10年以上ぶりに会えた。さすがに年月を感じた。

いま振り返れば、高校の3年間は、大学時代4年間かそれ以上に重要だったかも。大学の時みたいに楽しかった思い出だけじゃない。色々なことに常に毎日悩み続けてた。そして今になっても、喉の奥に引っかかってる未消化なことがいくつかある。いつまでも引っかかり続けるという意味でも、高校は忘れられない。いつかは成仏させてやろう思う。やらずには死ねない。新郎新婦と友達含めて1枚だけ記念に写真撮ってきたけど、大切な写真になった。僅かな時間だったけど、行って本当によかった。高校時代は確かに実在してたんだと確認できた。

それと、せっかく茨城に帰ってきたこともあるし、事業のこともあるし、地元の付き合いも少しずつしていきたいなと思った。忙しくて余裕ないけど、少しずつ。

STAP細胞と権力闘争

STAP細胞の件が権力闘争の構図を見せている。
トカゲのしっぽ切りして火消に躍起の理研に対して、弁護士立てて抗戦する姿勢を見せる小保方さん。この対応は普通の個人じゃない。小保方さんには、明らかにバックに個人じゃない誰かがついてる。
タイミングが絶妙だ。ずっと様子見だった理研が、火消に動きはじめて、まさに最終報告を出して理研の首脳陣がホッとしかけた瞬間を見計らって、突然の徹底抗戦を宣言したんだろう。それまで小保方さんはまったく出てこなかったが、ここにきて会見をチラつかせる。これが理研側を油断させて一気に切り込む戦略だとしたら、そういうシナリオを動揺せずにどっしり構えて描けるレベルの人間が背後にいることになる。そして、まったく姿が見えない。一体誰なんだろう?
iPS陣営と理研まで相手にやる気なんだから、相当に大きいはず。そして、米国側が擁護orだんまりなのが気になる。米国関連かな?