娘から初めて感じた人間っぽさ

自分はむかしからヒトに対してすごく興味がある。だからヒトの発達過程として自分の娘を観察すると、本当に興味深い。

1才5か月になった娘、最近は言える単語が増えてきた。単語と言っても、発音は日本語の音になっていない。普段一緒に過ごしていない他人から聞けば意味不明な言葉にしか聞こえない。けど、発音と意味の対応付けが明確になっている。よく言われる言葉を挙げてみる。【】は発音。

花【アナ】
石【イシ】
葉っぱ【ハッパ】
バック【バッk】
靴【クッツ】
手【テ】
目【メ】
足【アティ】
鼻【ハナ】
パン【パン】
ご飯【ハン】
にんじん【ディンディン】
トマト【トート】
ブロッコリー【クリィ】
お茶【オテャ】
お母さん【カャタン】
お父さん【トォタン】
あった【アッタ】
赤【アッカ】
丸【マンッ】

名詞が圧倒的に多い。それも、日々の生活、特にご飯や遊びに直結する具体的な名詞が多い。当然と言えば当然だけど。

「あった」が面白い。妻が、娘が知っているものを見つけた時に「あったね」と話かけていたら、覚えたらしい。もちろん細かいニュアンスなんて学習していないので、何かが登場すれば、人に対しても言う。僕が部屋に入ると「あった!」と言う。哲学的。

名詞の中でも、トマトとかバナナみたいに具体的なもの以外に「丸」や「赤」を言う。丸は、マンホールや水玉模様、ボタンなどを指さして言うので、丸い形状を指すために使ってることは間違いない。赤は、物が違っても、おもちゃやクレヨンの赤い色を指して赤と言う。もう抽象的な特徴を分離する能力が備わってる。

そんな娘を見ていて、「頭の中では分かっているけれど表現方法を知らない」状態なんだと思った。名前がつけられる対象、たとえばトマトは、もう頭の中にはできている。それを親の言う「トマト」という音を結びつけてる。

また、結びつける対象は必ずしも音声じゃなくてもいいらしい。たとえば、娘はボールは「ボール」と言わずに、手を丸くするサインで伝えてくる。それでコミュニケーションが取れているから、いっこうに積極的に「ボール」とは言わない。手話が、音声による言葉の代わりになっているのも、すごく納得できた。

でも、そんな娘の言葉の発達を見ていて思ったのは、言葉ってのは本当にヒトの機能のうち「付加価値」の部分なんだなということ。頭でっかちのサルとは、よく言ったもんだ。娘を見ていると、生死を賭けて言葉を話ているんじゃなくて、親と楽しくなりたいとか、親に伝えたいとか、あくまで高次な欲求を満たすために言葉を覚えてる。というか、もし言葉を覚えないと死ぬとしたらサルは生きられないはずで、逆説的に考えれば、言葉は本来生死を分けるためのものではない、つまり生きることがほとんど確定して、その上でさらに必要性があるから言葉が生まれた。そりゃ言葉の通じない外国にいっても餓死では死なないわな。

で、今日、言葉よりもずっと娘が成長してることを感じた事件があった。

そもそも、言葉がいろいろ表現できるようになっている娘を見て、成長してるなーーとは思っていたけど、心のどこかでは、大人である自分とは全く違う「コドモ」っていう別の生き物みたいなイメージが抜けていなかった。

今日、娘が(100%おっぱいを要求しているんだけど、おっぱいとは言わず)妻に「んーーんーー」と何か欲しそうな態度をとってきた。ときどき、「おっぱいが欲しいのを察して」っていうニュアンスでそういうことをする。けど、妻は忙しくて娘の相手をできていなかった。ここで、いままでなら、ワーワーと泣きはじめて、ダダを捏ねてた。コドモってのそういうもんだなと思っていた。

けど、突然、顔を真っ赤にして、ギリッとした目をして、怒って黙り込んだ。妻も自分も、明らかに今までと様子が違うと思ったので、そっと「どうしたの?」とか「何か欲しいの?」って聞いてみても、ガッツリ怒りの顔で黙り込んでいる。頭を撫でても、目を合わせず他の場所をにらんでる。それで「おっぱい飲みたいの?」と言ったら、突然ものすごい勢いで泣き出した。我慢崩れた感じで。

それを見て、ああ、これ、これが人間だわ、こいつ人間になってきてるわ、と思った。

花をハナと言えるとか、丸い物を丸って言えるとか、そんなのは人間の一番上っ面の部分で、べつに偉くもなんともなくて、それよりも人間の持つ一番すばらしいというか凄いものは、この、言葉の及ばない、ぐちゃぐちゃで真っ赤なものをおいてほかにない。単に「心」って書けばいいんのかもわからんけど。

もし、他人に気持ちを伝えるのに「私は本当に本当に本当に本当におっぱいが飲みたいです」っていう言葉だけを伝えたとしても、そのぐちゃぐちゃで狂いそうな程の気持ちのうち、伝わる部分なんて糞みたいなもんだよね。顔を真っ赤して、ギリッとした目で空中を睨み付けて、問いかけに対して黙り込んで、極まって泣き出すことが伝えるものに比べたら、言葉なんて、糞だよ糞。

とはいえ、娘はこれから付加価値だらけの現代社会で生きることになるので、花をハナと言えたり、学校のテストで100点取ってほしいわけだけど、それよりも、ぜひ、真っ赤な顔だったり、ギリッとした目とか、苦くして我慢できずにドバーっと抑えきれない涙とかを、ぜひ優先してもらいたい。人生どうやっても苦しいことから逃げられないんだけど、その優先順位を間違えなければ、苦しい中にも幸せを感じたりできるようになるので。

いやぁ、ほんとうにいい顔だったなぁ。

いちご狩り@鉾田

嫁が、前々からいちご狩りに行きたいと言っていたので、先週の土日に行ってきました。
場所は、鉾田にある深作農園ってところ。
有名らしい。

つくばから車を運転すること1.5時間。
海の近くの国道沿いにある。
大学時代、海といえば鉾田の大竹海岸に行っていたので、そのすぐ近く。
ほんと、鉾田にいったのは何年ぶりだろう。。。7,8年ぶりかも??

つくばから霞ヶ浦まで抜ける国道354号はバイパスができたし、先の震災で落ちた北浦の鹿行大橋も代替の橋が完成していて、前に比べると本当にスムーズに行けるようになってた。

で、イチゴ狩り。

受付でお金を払うと、バスで近くのビニールハウスまで送ってくれる。
あとは時間無制限でイチゴを食べたいだけ食べていい、というシステム。

思った以上に大量!!嫁と子供がテンションあがりまくってた。俺は特段イチゴに思い入れはないので、それなりに食べて終了。(女の人ってなぜこういうときにテンションあがるんだろうか。。。)

とにかく、イチゴは確かに美味しい。間違いない。思わずお土産を買ってしまった。

ちなみに深作農園ってところは、イチゴ狩りだけじゃなくて、農園を軸にして色々なサービスがある。自分は、イチゴ狩りはさておき、経営者視点からその商売の上手さに感心していた。

農園や売店やら、いろいろな施設は「たっしゃか村」という総合の名前がついている。たっしゃか村のキャラクターもいた。

動物もたくさん。

広大な休憩所(ラーメンやうどんを売っている。フードコートみたいなところ)もあるので、子連れで行けば1日は楽しめるようになってる。

お土産用の青果も大量に売っている。お客さんでごった返していた。イチゴ狩りで儲けが出なくても、お土産用の青果が飛ぶように売れてるし、十分にそこで利益が出ているはず。そもそも農園が自前で集客と直販のチャネルを持ってるんだから最強だ。

そして、青果のみならず、深作農園はバームクーヘンでも有名らしい。バームクーヘン専用の店舗まであった。調べたらネット通販もやっている。。。日本初!農園直営オープンキッチン型バームクーヘン専門店 Farm kuchen Fukasaku

すげー。
ネットやらメディアを使って農園をここまで大きくするんだから、すごいわぁ。。

そんな深作農園を経営する社長。
農業法人深作農園有限会社 深作 秀喜

起業した身としても、色々と勉強になった鉾田訪問だった~。

花粉すごいよ 筑波山梅まつりに敗れて

花粉すごい今年。
ここ数日の飛散状況、過去数年で最悪。
久しぶりに薬を飲んでしまった。

そんな中、土日で筑波山の梅まつりに向かった。
去年はじめて行って、2回目。
4か月だった娘も、1才4か月になって歩けるようになった。
この陽気ならぜったい外に出て楽しいはずだ。
嫁と子供のためなら花粉を浴びる覚悟を決めた。
実に勇敢な父である。

が、到着の直前「満車」の看板。
そう、筑波山のありとあらゆる駐車場が満車だった!!!
春の陽気の天気予報を見て、家族に向けて「明日は筑波山でもいってみるかー!?」と高らかに宣言をしたであろう沢山の茨城県のパパ達の、共倒れである。

さようなら筑波山。

嫁が3人分のお弁当作ってくれたので、
仕方ないので平沢遺跡という、筑波山近くの遺跡跡(公園みたいに整備されている)に変更して、そこでレジャーシート広げてごはんを食べた。

平沢官衙遺跡
平沢官衙は、奈良時代から平安時代にかけて造営された常陸国筑波郡の郡衙(役所)の一部で、その重要性から国の史跡となっている。
郡衙には、郡衙政庁(役人が執務する場所)、正倉(租税として集められた稲などの保管倉庫)、館(宿泊・饗応の役割)、厨(食事を作る場所)などの建物があり、平沢官衙跡はこの中の正倉部分と云われている。この遺跡には、掘立柱建物跡が55棟、礎石建物基壇跡4基、大溝跡や柵列跡、竪穴住居跡25軒が発掘されている。
この遺跡にあった建物は、コの字やLの字などの平面配置になっており、それぞれのまとまりごとに順番に増築されていったと考えられている。建物跡には、側柱式建物と総柱式建物があるが、この遺跡の3分の2が総柱式建物になっていた。

花粉を浴びながら常陸の国、筑波郡の歴史を感じた一日でした。

リベンジするぞー