ゆりかごのうたを唄う嫁を見て

「ゆりかごのうた」

言わずと知れた、ジャパニーズ子守唄の超有名なナンバー。J童謡。
タイトルだけ聞いて分からない人も、
youtubeで検索すりゃあイッパツで「あーこれか!」と分かるはず。

今日、外出先から自宅に帰ってきた時のこと。
寝室にいったら、嫁が子供を昼寝のために寝かしつけてたんだけど、
その時に、ゆりかごのうたを唄ってる姿を見て、なぜか衝撃受けた。。。

嫁のことは学生の頃から知ってるけど、
学生だった嫁が、今や子供を寝かしつけようと子守唄を唄ってるわけで、
今日ほど「ああ、遠くに来たもんだ」って思ったこと、なかったかも。
一児の母親になったんだっていう実感がすごかった。

あと、ゆりかごの歌のメロディが持つ、なんつーかこう、世代を超える力というか、
2012年になっても普通に歌われるって事に、感動した。

さっき思わず歌詞を調べたけど、メロディだけじゃくて詞もいい。

ゆりかごの歌を かなりやがうたうよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごの上に びわの実がゆれるよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごのつなを 木ねずみがゆするよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごの夢に 黄色の月がかかるよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

カナリヤ、びわ、木ねずみ までは全然わかるっていうか、
絵本に書けって言われたら描いてやるよ、ぐらいに具体的なんだけど、
4番目になって突然、ゆりかごの夢に黄色の月がかかるよですよ。
突然の抽象的な描画。

具体、具体、具体と、子供でも理解できる記述が続いて、
「あー子供向けの歌だねー カナリヤかわいいよねー びわの実知ってる~?」
みたいなレベルかと思いきや
突然の子供おいてけぼりのガチ抽象。
いったいどうしたの、というぐらいの豹変。

それはまるで、子供に目線を合わせるかのようにしながらも、
最後の〆で、キッパリと、果てしない大人の世界の大きさを教えるかのような。

ふと映画バトルロワイヤルで北野武のセリフ思い出した。

「お前ら大人なめてんだろ?なめんのはいいよ。
 だけどな、これだけは覚えとけ。
 人生はゲームです。
 みんなは必死になって戦って、生き残る価値のある大人になりましょう」

いや、まったくもって教育的じゃないけど。。。

ゆりかごのうたから、だいぶ逸れた。

とにかく、シンプルで素晴らしいJ童謡によって、
感動したというお話でした。

ぜんぜん関係ないけど、赤いホンダFit君は諸事情により整備工場に入院となりました。。。
一週間ぐらいで帰ってきてくれるかなぁ~。。。

牛久沼の七浦大明神

ちょっとだけ時間があったので207ccで田舎道をドライブ。

今日は、牛久沼の半島の先端にいってみた。


大きな地図で見る

いってみたら、七浦大明神という神社があった。

牛久沼の七浦大明神
牛久沼の七浦大明神

だーれもいない、さびしい場所。

時間も夕方で日が落ちはじめてて、すごく良かった。

牛久沼
日が落ちてきた牛久沼

近くにウナギ屋があったので名前をメモって、帰ってからググったところ、
かなりの美味しいお店だと判明。

うむ。今度いってみよう。

金が尽きるスピードより速く動く

2月になっちゃったよ。
来月で会社設立から1周年。
はえー・・・。

最近は、事業を立ち上げるために湯水のようにお金が消える。
自営業で仕事をやっていると、
消えるお金、作られていく製品、それを買っていくお客さん、戻ってくるお金、
すべてが目の前で起きていく。

その中で、PDCAとか、発想法だとか、そういう一般論が本当に役に立たないことを実感する。
役に立たないのは、一般論自体が意味ないわけじゃなくて、実用的なスピードがでないから。
ひとつひとつ思考のプロセスをフレームワークに沿ってやってたら、
1日1個の判断してるうちに日が暮れる。
そうじゃなくて、10分に1回ぐらいの判断が必要なんだから、
動物的カンで動いて行かないといけない。
いま一日に「どうしますか?」とか「確認してもらえますか?」とか「これやりませんか?」
そういうメールがガンガン届く中で、最低限の精度を確保してとにかくすぐに返さなくちゃいけない。

チンタラしてると、金が尽きるスピードのほうが速くなって、借金が増える。
月給30万円の人間は実働20日として日給1.5万円、時給2,000円。
つまり、2,000円/時で財布からカネが抜けていく。
もちろんこれには会社の家賃も事業投資のカネも入ってないから、実際は1万円/時とか、
そういうスピードでカネが消えていく。だから立ち止まっちゃいけない。

当然、スピードを確保するために判断の精度は落ちる。
だから、よくテレビに出てくるような急成長するIT会社には必ず酷い歪みが生じる。
でも、生じる歪みが不利益をもたらすよりも早いスピードで、金を稼げばいい、
彼らはそういう思考でやっている。
ほとんどアスリートみたいな精神力と体力で。

どこまで歪みを許容して、どこまで成長を求めるか、それは経営者のコントロールにかかっている。
ボクんところは、そういうベンチャーと比べると、まったくもってソフトスタート。
そのまま町工場的な方向にいくか、大きく出るか、その判断のときがくるまでは、
しっかり等身大+120%で頑張っていく。

お食い初めの儀

生後100日を過ぎたので,実家に帰ってお食い初めをしてきた。

つくば西武でお食い初め用の鯛を調達。
お値段ズバリ3000円/匹!!!

お食い初め料理

筑前煮とかは普通なんだけど、
鯛と並べるだけで不思議とお祝い料理に見える。

お食い初め中

オヤジ(娘の祖父)に儀式を執り行ってもらった。
娘からしたら、意味不明極まりない儀式だったと思われる。
終始、ケゲンな顔つきだった。

おまけ。

節分をやってきました。
仕事が忙しくて深夜まで帰れない予定だったので、朝に実施。

初めての節分

鬼とツーショット。