引越し検討

いろいろ生活費を勘定中。

引越しっていくらぐらいかかるんだろう・・・?
やっぱり20万とかかかるんだろうか。。。
実家に軽トラックあるから、それ借りて自力で運んで安く出来るなら、そうしたい。
デカい家財はやっぱ業者だよなぁ。
敷金の返却分で足りるかどうか。

ルミネ地下のタイ料理屋うまい。

バンコク屋台 カオサン

グリーンカレーが相当おいしい。
パッタイもガパオもよかった。
トムヤムクンはトマトの味が強い。
次はガイヤーンとラープガイいってみよう。

いろんな縁があったからこそ

社会人になってからの自分振り返ると、
やっぱ超絶色んな人にお世話になってるなぁと実感してる・・・

大学の先生とは、毎年毎年ずっと研究室のOB合宿に行き続けてコミュニケーションとって、今も本当にお世話になっている。
これからは、学生時代の友達とも色々と仕事の関係でも縁が出てくる予感もする。嫁も結局は学生時代の縁だったりするし。
前職の職場は、プロジェクトの先輩といろいろ活動をつづけたり。
ものづくりの活動で出会った人とか、取材で出会った人とか。
特に今の職場は変態的な凄い人揃いで、同僚とか先輩とか業務委託の社長さんとかも、これからたぶん色々なトコで活躍する人が多そうで、さらにお世話になりそうな気がする。

そういう縁の源泉を考えると、モノを作りながら「自分はこうやりたい」と訴えてこれたことと、それをするために面倒くさくて細かい勉強をし続けたこと、自分にゃ無理だ無理だと思った数学を高校生の勢いで勉強しなおしたこととか、そういう甲斐があったと思いたい。

それと、気が合う合わないを全く無視して、とにかく感謝の気持ちを忘れずに御礼とお願いに頭を下げまくってきたのはガチ。

大学のときに親友としてた会話が思い出される・・・
「俺達はそもそもゴミ。ゴミが生意気言わせてもらう失礼を、世間様に許してもらう。」とか
「生まれてすみません」とか

世間知らずのプライドばかりだった自分をボコボコにしていただき、ここまで成長させてもらったわけです。
そしてさらにこれから、食わせてもらっていた会社という組織から生意気ながら飛び出し、世の中にボコボコにされにいくことができる。
滝に打たれて成長することができる喜び。
本当に、いろんな人に感謝せずにはいられない。
いつか恩返しをしないと。。。

ひさしぶりにFF11のBGM

春の陽気だ。。。
朝が超気持ちいい。
意図的に空見るようにすると、さらに気分がいい。
会社に10分遅刻してもやっぱり気分がいい。

最近、FF11のBGMを見つけた。

やっばい、超懐かしい。
半年ぐらい廃人になってたなぁ。
でも本当に楽しいんだよなーネトゲって。
やった人にしかネトゲの中毒性とヤバさはわかるまい。
人をガッツリ引きつける世界観とか仕組みとか、ゲームに関してはビジネスを考える上でなかなか参考になったりする。

そういやFF14は全然話題にならないな。 それなりに売れてるのかな。
PCの要求スペックが酷すぎるとか、スクエニの人が謝ったとか、そういうニュースなかったっけ。いや、嘘かも。

また別の話だけど、胃の調子がまた若干悪くなってる。
マウントレーニアとか缶コーヒー久しぶりに飲んでみたら、やっぱりダメ。
超慢性化した。胃液がぷがぷして気持ち悪い。もう諦め気味。H2ブロッカー頼り。
控えながらも仕事のために会食は避けられないが悩ましい。

都知事選と目黒川の桜

4年前に五反田に住んでいた時代から毎年歩いている目黒川の桜並木も、今年の夏でつくばに引っ越すのでとりあえず見納めかな??

目黒川の桜

いつもどおり、五反田駅から目黒駅までを歩く。
かなり散り始めていて、なかなかよい感じ。
やっぱ桜は散り際が一番好きだし綺麗だな~

今年はOlympus Penを持っているので綺麗に取れますた。

帰りに都知事選。
石原さん当選。
そうなりますわな。

苦労は買ってでもしろ

本題の前にとりあえず・・・
お金ない、マジでお金ない。

いや、直近を生きていく分はもちろんあるんだけど、
このペースで行ったら経営的に年内やばい、という話。
ベンチャー起業とか言って、ただの零細企業だし。
常に風前の灯。

もちろん、この道を選んだのは自分なので、誰も助けてくれない。
ぜんぶ自分で何とかするしかない。何とかできなかったら倒産。
という、シンプルな世界。
本当は、今までが守られてただけなんだけど。
自分が望んだので頑張る。

で、

いま勤めている会社を退職する手続きをしていたところ、とある取締役が「飲むぞ」と、誘ってくれた。
その人は、20代中頃で大企業をやめ、創業間もない今勤めている会社(当時は数名のベンチャー)に賭けてアルバイトで仕事を始めて、会社の成長と共に取締役になり、その後M&Aを繰り返しながら会社を育て、今では30代で資産ウン十億円、というまったく意味不明な人。
たぶん日本に金持ちはゴロゴロいるけど、普通の学生からガチでそこまでやってきた人は、ほとんど会うこと不可能だし、ましてや酒を飲めるなんて、末端のサラリーマンとしては滅多にない機会なのであります。
しかも、ガチで叩き上げてきた人なので、資産家なのにカネに溺れてないし、真っ直ぐで嫌な感じがしない。大企業によくいるような役員と比べて色々と違う。

話の内容としては、「引き止めないし、応援する」という内容で、単に僕がベンチャー立ち上げるという話を聞いて、話をききたかったらしい。もともとベンチャーやってた自分と重ねるのかもしれない。

で、いただいた助言もまたリアルで、

「ぶちお君がまだやったことがないのは、人に値段を付けることと、もっと言えば会社に値段を付けること。これは経験をしないとわからないので、困ったら経験者に聞くこと。」

とか、並の管理職じゃ、そんな助言してくれる人いないわけで、
その流れで
「例えば、いま飲んでるこのお店、3億で買うなら高いと思う?安いと思う?」
と、M&Aの考え方とかについても。

あとは、
「うまくいくかどうかは、運。会社経営うまくいっている人は、みんな運が良かっただけ。」
という根本的な話。

それと、
「経営はプロスポーツと同じ。社員は上に指導してくれる人がいるけれど、経営者は誰も指導してくれる人がいない。自分で自分に常に勝てないといけない。」

いやー、なんつーか凄いよ。
こりゃスポーツマンだわー・・・と思った。
イチローの意味不明度合いに似てる。

まぁ、そんな高尚な助言を色々いただいたわけですが、ぶっちゃけいまの状況にゃ役に立たなそうなので、ビンボー脱出したあかつきには、参考にして頑張る心づもり。

あと、とにかく、こういう人と会えたことだし、今の会社に転職して心底良かったと思ってる。噂でブラックな会社だとか言われることもあるし、実際に本気で忙しい時も多いんだけど、結局「なんかこの会社辛そう」とか「なんかイメージが嫌だ」っつう感覚で決め付けるのは超大損で、要は覚悟を決めて突っ込めば得られる物が多い。苦労は買ってでもしろ、という言葉、大嫌いだったけど、やっと飲み込めた。

そういう話も含め、人間やっぱり「覚悟」が全ての源なんだなと思ったりする。 覚悟っていうか、勇気?? 自分は昔から超ビビリなんだけど、いつも「自分はここまで十分に生きた。十分に幸せだった。」と言い聞かせて人生のリスクを取るスイッチを押すようにしてる。そうすれば、本当に失敗したときの防衛線になるので大変オトク。