結論をそろそろ出す

あぢー。。。

ほんと、8月も終わるってのに毎日33度とか、夏もタイガイにして欲しいわけです。ええ。おかげさまで、土日は一歩も家から出れず、日曜にいたっては調子わるくてぐだってました。

胃の調子は、1ヶ月もアシノンを飲み続けてようやく回復。念のためお酒を控えてるけど、また壊す気がする。っていうかストレスなのか?原因は。それなりに面倒なことは確かに多いけど、そんな嫌なわけじゃないんだがね。。。

あと、先週は1ヶ月もまともな飯を経口摂取できてなかったからか、ビタミンが欠乏したらしく、口角炎ができて痛すぎて思わずチョコラBBと自転車を購入。毎日2粒、ビタミンBを補給しているところです。おかげで、おしっこが蛍光黄色を呈していて、ゲータレードかよってかんじでマジかっこいいです。(ビタミンB剤は余剰分が排泄されるので色がつく)汚くてすみません。

というわけで、明らかに20代後半になるにつれて体にガタがくるようになっているのを実感している2010年です。え、みんな違うの。昭和56年生まれの俺の世代に近い人だったらわかってくれるはず。そこのあなたどこかしら体ぶっ壊れてますよね。ええ。

ちなみにチョコラBBと同時購入した自転車は、毎日のタクシー通勤を節約するために購入。真夏の東京湾岸(本当に海が見えるのよ)を朝9時と夜10時に通勤でぶっ放すわけです。

で。

詳しい話は決定してから書くので、なんだよもったいぶるなよバカって感じだけど、

先週金曜日の夜、ベッドに入ってうつぶせになって、色々な人生のチョイスを考え事をしていたら、きた。突然舞い降りた。それまでは、かなり詰んだ感じというか閉塞感というか「あーもう夢の実現だめかも」とか考えてたんだけど、突然「あ、これしかないかも」と思える選択肢が出てきた。自分でもびっくり。そう出るか俺、って感じ。目から鱗な感じ。

とりあえず嫁に話したところ「勝負に出るのね」と、けろっと理解してもらえた。ここで反対しないで付いてきてくれる嫁に本当に感謝。度胸あるよほんと。

とにかく、社会人6年間を経て、ようやく辿り着いた感がある。よくそこを検討するに至った、俺。自分で褒めてやりたい。英断になるだろうけど、きっと間違ってはいない予感がする。

子供のころの疑問とか悩みがどうやって無くなったか

だいたい、30目前にして、考えていること、つづき。

自分について、昔と今で何が変わったかと言えば、嘘と本音を使い分けるようになったこと、そして変なクヨクヨが無くなったことだ。

とにかく社会に出ると、本音ばかりではいられなくなる。自分に嘘をついて、無理をする必要が出てくる。かといって、自分に嘘ばかりで本当に譲れない部分を抑えつづけるのは、本当にもどかしい。

だから、本音ばかりで自分に正直に生きても、自分に嘘ばかりついていてもだめで、自分の幸せのために、うまく自分を抑えたり自分を出したりする必要が出てきた。このコントロールの必要性が、最近になってようやく納得出来るようになってきた。

なぜ本音ばかりでは駄目なのか。その理由は、ずばり、本音は多くの場合に人を傷つけるからだ。人間はそもそも欲深くて自分勝手で傲慢な生き物だから、本音の行動は、たいていの場合に自分のことしか考えていない。結果、本音は他人に都合が悪い方向になる。

かといって他人の顔色ばかり伺っていては自分の幸せは掴めない。そこで、時には、他人を蹴り落とす必要がある。これは避けられない事実。

要するに、他人に迷惑をかけても自分を取るか、自分を犠牲にして他人を幸せにするか、このチョイスをしなくちゃいけないわけだ。すると、子供の時には受け入れられなかった、ピュアに自分と他人が両方幸せになる選択なんて存在しない、っていう事実を受け入れることになる。この事実は、言葉では聞いていても、受け入れるには本当に時間がかかった。当たり前と言えば当たり前のことなのに。

ああ、時には他人を不幸にしてもいいんだ、と思えるようになってからやっと、人に貢献できそうな気がしてきてる。他人を不幸にするのも幸せにするのも等価なんだよねぇほんとに。

あたりまえのことも、身に染みて理解するには、時間と経験が必要なんだなぁ。

で、そのうち富豪になります。がんばる。

格差とか社会保障とか

最近考えているような内容をだらだらーと書いてみます。

この年になると、格差だとか社会保障だとか、国家運営のための基本的な理念や考え方にも興味が出てくる。

俺たち、なにしてんだろう?とか、なんで働かなきゃなんねーの?、なんで税金払わなきゃなんねーの、なんでこの金額なの、なんで国会は揉めてるの、とかそういう疑問についてぼけーっと知っていくと、最後に行き着くのはチームとして生き残るという話に帰着する。

むかしむかし。まだ文明がなかったころから、同じだ。外部に敵がいて、自分一人じゃ生き残るにはリスクが高い。だから群れて行動しよう。群れるだけじゃ効率的じゃない。リーダーを決めて、運動神経のわるいやつはそれなりの適材適所の役割を与えて、全体としてリスクを吸収するとさらに効率がいい。だんだん組織は強くなる。

が、外敵に対して余裕ができてくると(つまり、平和が長く続くと)内部では必ず内乱が発生する。それまで外敵から逃れるという統一の目標に目を向けていたのが、その必要がなくなって、こんどは内部の不満にたいして行動のエネルギーを使うようになる。いまの政治や産業の腐敗も、もちろんこの国が世界一豊かだったことの代償に違いない。

そして、気づいたときには、内乱が油断を呼び、ついには外敵に対する脆弱性になっていく。そんで、さくっと食われてしまう。国で言えば、侵略されるか、もしくは傀儡国家に成り果てるか、ってところだろうか。

65年、戦争をしなかった。アメリカとの安全保障条約を根幹にして、ジャイアンに守られながら、復興を目指して成長した。成長が終わって、僕たちの世代は、ある程度のツケを払うことになった。けれども引き続き十分に平和で、危機は見えにくい。国力は減衰しつづける。ゆっくりと死んでいく感じ。ゆっくりは、こわい。もしハッとするような危機があれば必死になるだろうに、ゆっくりと駄目になっていく。気づいたときにはもう遅い。

道はもうたぶん1つしかないと思っている。国はもう個々の国民を守りきれない。全体のつじつま合わせのために国民から犠牲が出てくる。だから、自分で自分のことを守るしかない。

がんばる!

お盆終了

いやー、さてさて、お盆終了。夏/後半戦。

小学生のみんなは夏休みの宿題、やってるかなー?
って、やるわけないよなー。
ぜんぜん遊び足りないはずだし、とことん遊んどけ。

おれは今日から仕事始め。
明日は茨城に出張。
んーおととい実家に帰ったときに、地元に帰ってるからまったく懐かしい感じがしないな。。。

なんかねーーー
もう刻々と色々タイムリミットが迫ってる感じするんだよねー。
むかしからいき急ぎタイプだからそういう焦りって感じやすいんだけど、最近はいろいろ閉塞していながら毎日がそれなりに適当に過ごせちゃうから、やばい。なにも気づかないうちに手遅れになる気がする。

行動、行動。夏はまだすこしある。

新潟帰省とか

嫁の実家の新潟に行ってきました。ほんと空気と水と料理がおどろくほどうまい場所。ミネラルウォーターとか誰も買わないよね、みたいな。新潟すごいよ新潟。

が、最近また胃が壊れていて、あまり豪快に食べれないのがほんとうに残念でした。お酒もほとんど飲めなかったし。3週間薬を飲み続けていっこうに回復せず、慢性化したら嫌だなぁ。。。

で、今日の夕方に帰ってきたら、東京湾の花火で最寄り駅ごった返し。花火が始まってドカドカすごい音だから窓の外を見てみたところ、なんと窓から花火が見えるじゃないか。。。知らなかった。が、どうせなら外で見るか、ということで、散歩ついでに海岸まで行ってきた。今年、初花火。

お盆ラスト一日は、茨城に帰ってきます。

お盆休み中に作りたかったiPhoneアプリは作れなかったものの、元ネタになるWebサービスのアイディアは浮かんだ。がんばって作ってみる。