東京ラブストーリー

こんにちは、PPMです。

TSUTAYAが半額キャンペーンしてた。みひろの新作が出たらしいけどバッチリ全部貸し出し中。まぁ嫁がいるのにアダルトビデオを借りるのもアレですが。

で、嫁が「東京ラブストーリー」のDVD全巻を大人借り。

東京ラブストーリーって、小田和正の「あの日あの時〜♪」と、江口洋介の気持ち悪い黒ロンゲぐらいしか知らなかったんだけど、嫁が相当好きらしいので見てみた。

見終わった。

なんという不器用な男と女の都会生活…ッ!
これはヒットしたの分かるなぁ…
あの最終回に向けた畳み込み演出がすげえ。
マジ切なさmax!!!!

赤名リカを見ると、18年前でもツンデレ需要が非常に高かったことが伺えるね。つーか月9のヒロインはツンデレ属性多すぎ。

まぁツンデレは大いに結構なんだけど、赤名リカの場合は、時々やってくる無謀な愛情表現依頼が無理。朝っぱらの通勤途中で愛してるって言えとかね、公共の福祉に反する暴挙ですよ。もう暴力です。もし横でそんなことやられたら傍迷惑。

けど…関口さとみはもっと無理…

あと、バブルの余韻残りまくり。なんつーか設定が今の日本じゃありえねーよ。24才で普通のリーマンやっててあんなに飲み食いしてて都内住まいで、どんだけrichなんだよと。それに、携帯電話がない時代だからか「イエデン」に依存した話の流れが多くて、今の平成10年生まれとかに見せても、まったく受け入れてもらえない気がした。

結論、日本は変われど、ツンデレは永遠ナリ

脳の計算機構

近年は小脳がアツいらしい↓

反貧困」が半分ぐらい読み終わったところで、仕事の関係もあり、丸善にて購入。

最近っていうか、ここ半年ぐらい、にわかに自分の中で「脳」ブームが起きてる。まじで。ほんと、すげー面白い。計算システムとして脳を見ると、あんまりにもスケールがでかくて笑う。数千万スレッドみたいな。入力信号の時系列情報が無限に畳み込まれていくのに、全体として意味が再構成される。学習と実行も切り分けられない。
あと、なんつってもモジュール化がすげー。AT互換機のマザーボードにあるCPU、GPU、サウスブリッジとか、そういうレベルじゃない。神経回路意味不明すぎる。視覚野あたりだけ見てもシナプスの結線が恐ろしい複雑さ。しかも統合してるところがない。みんな動きっぱなし。制御し合い、抑制し合い。

Webサービス作りも飽きて、プログラミングのネタを捜し求めてるところだったけど、やっぱ最後には脳みそ創りだよなぁ。コンピュータサイエンスの人間としては、やっぱり究極は人工知能だよなぁ。

反貧困

日経の記事でおすすめされていたので、買ってみました。

読み始めたけど、かなりバイアスかかってるなぁ。。。
いやでも「次は我が身」という感覚になるんで、ひとしきりマターリ生活に慣れた人が読むのにいいかも。

それぞれが、どう覚悟すべきか、オチが気になります。

日経ダイヤモンドの貧困の記事

普段からあんまり雑誌かわないんだけど、今回の日経ダイヤモンドは思わずかってしもうた。特集は「貧困」で、いまの日本の最貧困層の実態がいろいろ書かかれている。どれだけ情報が正確なものか判断できんし、ちょっと煽り気味のバイアスがかかってるのは承知の上で読んだけど、まぁとりあえず色々考えさせられた。

数字の上での貧困のうらに常に見え隠れするのは、疲弊した人々の心というか、記事の中にもあったように「孤独」だったり、基本的に人が人を支えるという構図が変化していることが伺える。「汝隣人を愛せよ」も、ぶっちゃけ響かないわけでして。

気になったのは、社会が成熟する過程で、この段階は一般的なモデルの中で説明ができるのか、ってこと。細かい違いはあれど、この国のこの状態は、たとえば古代ローマなり、中国なり、いろいろな国々が世界で数千年に渡って経験してきた変遷をメタファーとして説明できないのかということ。もし、そういう視点から勉強になる本があったら教えてください。

んで、個人としての俺はいったい今なにができるかというと、日本で起きている貧困の話とは結びつかないわけで、「そういう机上の難題に首突っ込んでる暇があったら労働して金稼げ」的な正論もあり、まったく答えには行き着きません。つーかこの手の話は答えなんて無いのも27年間の試行錯誤で心得ているはずなんですがね。でも自分自身なり嫁なり子供なりに直接降りかかってくる火の粉がありそうで、まずは日経ダイヤモンドを読んでみてる感じ。

まぁ自分の身は自分で守る以外になくて、やっぱ人生って甘くないよね、という身構えだけが強くなっているこの頃です。楽観的に考えれば、眠たい御託を並べるアナリストをネタに喘ぐ雑誌メディアがエンターテインメント化させてるだけで、危機感だけ募る空気が個人消費を冷え込ませて貯蓄に回させてる気がしないでもない。

ひとつ言えるのは、共同体が破綻するのなら、もうひとつ上位の共同体でなんとかツジツマを合わせるしかない、ってことですかね。国が駄目なら世界規模ですね。で、世界がだめなら宇宙人にでも頼ってみるか、という話。

万豚記@田町

嫁が突然「タンタンメン食べたい!!!」と言い出したので、
調べて行ってきました。

田町にある「万豚記(マンツーチー)」という中華料理屋

IMAGE_147.jpg

なんか、独特な感じです。

IMAGE_146.jpg

タンタンメン、餃子、豚肉ピーマン細切り、冷やしトマト、チンタオビール、しめて2,995円を注文。

タンタンメンはもちろん、全部の料理がおいしかった。
中でも、餃子が激しくおいしい。嫁からは「東京で食べた餃子の中で一番おいしいかも」という高評価。しかもキャンペーン中で、5個で105円だった。4月末までらしいので、絶対また行く!!!


大きな地図で見る