実家に帰還してきた

3連休、嫁と共に俺の実家に帰還してまいりました。

祖母を連れて馴染みの喫茶店に行ったり、ひとしきり親孝行してきました。

愛車プリメーラも埃だらけになってはいたものの元気でした。久しぶりに運転できた(´∀`)

夕飯前、母の「料亭ごっこしようか!!!」の一言で、嫁は料亭ごっこに強制参加させられる羽目に。ちなみに嫁姑の仲は円満です。

で、出来たのがこちら。

料亭ごっこの成果by嫁・姑 
▲どーーん!!!

写真映りがいまいちだけど、意外と本気な割烹になっててワロタwwwwwwww

鯵の「なめろう」ってのを始めてたべたけど、うまい!!!ビールのつまみに最適とみた。さすが母親、やるね。これからは嫁に作ってもらおう。。。。

以下、別の話。

ふと、駅の階段を昇ってて、そのうち体が言うことを利かなくなるだよなぁと考えたりした。このbodyにはいつ限界が来るんだろう。もう26年間も動き続けてるって考えたら、ボロボロな気がしてきた。26年間動き続けてるロボットがあったとして、それはオンボロなんだろうか、まだまだ若いんだろうか。

パイオニア探査機の金属板とどいたよー

前のエントリで書いたパイオニア探査機の金属板レプリカが届いたーー!!!

いやっほうおおう

 IMAGE_069 コピー
▲エアメールで届きました。

さっそく空けてみる。

NASAパイオニア探査機の金属板レプリカ
▲どーん!!!

きたきたーーー! なんつーか、激しく普通の板なんだけど、この裏側に潜んでいるロマンといったらもう大変なものです。

嫁に「これだよこれ!!!」と、興奮気味に見せてみる。

嫁「・・・なんて言えばいいかわからん・・・」

ですよね( ´∀`)

IMAGE_072 コピー 
▲メッセージも添えられていた

すばらしいコミュニケーションですな。

さっそく、部屋に飾っておきます。現物を見たいって人は連絡もらえれば、この金属板の内容も含めて、延々と語らせていただきます。

以下、wikipedia先生からの引用。

この金属板は1972年1973年に打ち上げられた宇宙探査機パイオニア10号11号に取り付けられた銘板で、人類からのメッセージを絵で記したものである。探査機によるMETI(Messaging to Extra-Terrestrial Intelligence)=Active SETI(能動的な地球外知的生命体探査)の最初のケースである。

金属板には人間の男女の姿とともに、探査機の故郷である地球に関する情報を示す記号がいくつか描かれている。

今後1年ぐらい経済やばそうじゃね

シティが4ドル以下って、ようするにもう潰れるか解体されるか、どちみちもう駄目そうだな。俺の預金はまぁ保護される範囲内だからどうなってもいいけど。

最近、必死にテコ入れのニュースが流れてるけど、現に株価はそんな上がってない。むしろこれだけテコ入れのニュースを流したにもかかわらず、こんなに下がってることを考えると、好材料がなくなったらどうなるんだ??どう考えてもここから1年以内にデカい倒産が表沙汰になるはずで、そのたびに5%なり10%の下落を続けてたら、よくても維持だし、最悪の場合は「もう投資やんねー」っつうムードが蔓延しそう。

で、たぶん金イジリをしてる奴らだけに留まらず、俺たち大衆庶民にも影響が出てくることは必至で、いま株なり不動産なり投資商品もっている中年のおっさん方は早く売り飛ばしたほうが賢明な気がするんだが、さてどうなるか。もうそこまで株価が織り込んでるかもしれんが。個人投資家は振り回されっぱなしだね。

やっぱ堅実な1次生産者が一番です。で、この不況が大底だとしたら、適当なタイミングで何か買っておいてもいいかもしれない。。。でも株じゃないんだろうなぁ・・・。

NASAパイオニア探査機の金属板

757px-Pioneer10-plaque

アメリカのオークションサイトebayで、NASAパイオニア探査機に搭載された金属板のレプリカを売っているのを発見!!!

思わず注文してもうた。。。

$39.90 + 日本までのshipping代金$12 = 合計 $51.90 也。

まぁ円高だからいいか・・・。

パイオニア探査機と言えば、最近太陽系の外に出ようとしている惑星探査機で、人工物としてはもっとも地球から遠い距離にあります。そこに積まれているのが上記の金属板で、太陽系の中での地球の位置や、パルサーとの距離関係から太陽系の場所がわかるようになっています。まぁ、実際届くことがあるかどうか、届いたとして理解されるかどうか、それはこの際気にせず人類の功績を称えたいもんです。

浅田真央ちょっと調子悪いのかなぁ。。。嫁はかなりガックリ、残念がってます。

ああ、また月曜日になってしまう。。。何かわくわくするようなネタが転がっていないものか・・・。


連絡きたきた! はやく届かないかなー!!


Hello & thank you for your purchase of the Pioneer plaque. I have posted your item to you by registered airmail post – you should receive it in 7-14 days time. kind regards

貧乏臭い話だけどお得な話

さてさて、また週末がやってまいりました。

今日はケチ臭い話です。

楽天ポイント

最近、楽天カードに申し込んでみた。なんか、楽天ポイントの還元率の良さと、網羅してるサービスの量に最近気がついた。けっこう素晴らしいというか、日本国内のポイント制度の中で最強なんじゃないか? Amazon, Yahooとか、いろいろネットショップで買い物するけど、その手のものは楽天でだいたい済む。

「ポイントなんてカスみたいな金額だろ?」ってバカにもならなくて、1%だと、年間100万円のキャッシュフローに対して1万円になる。5%ともなれば、消費税分がチャラになる。消費税払ってねーよ的な。

もし東京に住んでれば、自分の年間の出費総額のうち50万とか100万ぐらいは、だいたいカード決済できるわけで、俺は普段の買い物もカード払いがむちゃくちゃ多いです。

あと、楽天ポイントは、そのまま楽天関係の買い物に換金できるので、応用範囲がめちゃくちゃ広い。大抵、クレジットカードのポイント交換プログラムって、鍋とか皿とかつまらないものが多くて全くお話にならないわけですが、楽天ポイントなら本なりDVDなり、普通に欲しくなったときに使えるのが良い。

で、さらにケチ臭い話をすると、会社とか友達とかで飲みにいったとき、面倒でも自分がカード払いすれば、小遣い程度にはなる。たとえば忘年会で10万円支払うケースなら、2%還元として2,000円がペイバックされるわけです。

Citibank

あと、自分はCitibankをメイン口座にしてます。(って、こんなこと書いて大丈夫かな?いや、大丈夫か)。これもかなりお得なのです。

まず普通預金の金利が異様に高い。最近は0.3%に下がることになったけど、これまで0.5%(税抜き前)という高利率で、たとえば100万円ためてると、毎月末に1,000円ぐらい金が入ってきます。

あと、ATMの手数料が無料。これがかなりよい。前にUFJメインだったときは、年間で手数料合計すると1万とか2万ぐらい消えてたんですが、それがサッパリと0になった。うむ。

つーわけで、楽天なりシティバンクなりで工夫すれば、意図的な節約をしなくても普通に生活してるだけで年間で5,6万円は簡単に浮かせることができます。

ほかにもテクがいろいろあるんで、聞きたい人は聞いてください。コツというかポイントは「物を買う時には、どこで買えばいいか最適な経路を調べてみる」です。だいたいの場合、定価の5,6%は手元に戻すことができるようになってる気がします。

いやぁ、ケチ臭いですな。まぁ庶民なんて、気づかないうちに企業やら国やらに毟り取られてる、ってのが世の常なので。