be the dream, be the real

ただいまー・・・ギリギリ日付が変わる前に帰ってきてセーフ。夜8時を過ぎて仕事が降ってきて回避できんかった。いま、缶ビールと焼き鮭買ってきて晩酌中。

今日は、会社の先輩の同僚が死にました。どうやら30代で過労死とのこと。どんな状況でも人が死んでしまうのは悲しいことです。「働きすぎちゃだめだよ」とか言いながら帰ろうとしていた俺に1000件のデータ修正を頼んでくる先輩も、なかなか複雑な気持ちだったに違いないでしょう。

そういえば、なんか昨日からやたらこのブログのアクセス数が多いなーと思ってたら、こないだのエントリに対して、こんな記事が書かれてた。

http://anond.hatelabo.jp/20070320230356

ちょっとトチ狂ったエントリ書いたとたんにツンツン後ろから突っつかれて病気扱いされちゃうんですから、困ったもんです・・・。

ものすごい勢い

周囲が見えなくなる程のものすごい勢いってのは、俺にとってめちゃくちゃ重要だ。いままでの珍妙な成果は全て、そういう行動力が源泉だったし、そういう意味では俺自身のコアコンピタンスは行動力(だけ!)ってのは重々自覚してる。

で、そういうシーンがまた来た。今回のは、いまの会社、というかサラリーマンっていう生き方を辞めてぶっ飛び出す程の可能性を秘めているかもしれない。と言っておく。いや、正直言うとまだぜんぜん予測付かなくて、後から思えば単純な勘違いだった、ってな結末になる可能性も高いんだけど、勘違いを恐れてちゃ物事は成し遂げられません。

部屋でタバコを吸う時には必ず窓を開けて、窓の外を見ながら考え事をするクセがある。このスタイルは大学時代に遊びまくってた頃から始まって、社会人になっても変わらない。けど、考える内容が変わった。学生の時は、明日の合コンの事とか、狙ってる女の子の事とか、作りかけのプログラムの事とか、作りかけの音楽のコード進行とか、そういう日常の事だった。それはそれで悩みは深かったけど、充実してた。今は、このサラリーマンな生き方を変えるにはどうしたらいいかを必死で考えてる。仕事の悩みは、ハッキリ言って特にない。思うようにできない仕事は色々あるし、人間関係で嫌なヤツもいる。でもそんなことはどうにでもなる。それよりも大問題なのは、今のサラリーマンっていう生き方が自分の価値観に合ってないってことだ。どうも自分の足で生きてる感じがしない。なんだかロボットみたいだ。

俺がやりたいのは、自分で考えて、自分で決める生き方だ。老人にこういうこと言うと、よく「考えが甘い!」とか「まず習え!」とか言わるけど、痛い目に合わないと理解できないんだよ人間は。教科書やニュースや親や先生は、戦争はいけない、人を殺しちゃいけない、ってな重要なことを頭に染み付けてくれた。けど、生き方や恋愛や思想に対してまで余計な事を頭に染み付けてきた。俺はそれなりに勉強してそれなりに大学入って東京に来てデカい企業で働いて給料もらって合コンして、もう教科書通りの生き方は十分に堪能した。

というわけでこれからは、ものすごい勢いでマニュアルの無い方向に行きたいと思います。んで、今までお世話になった人にはちゃんと恩返しできるように成功したいと思います。はい。

運命共同体か、老人の罠か

ただいまー。ビール&ご飯中。あー疲れた。こんな生活を始めてかれこれ一年が経つわけです。だんだん春の兆しが感じられるようになってきました。ちょうど一年前と言えば、旅行先で生ガキを食って救急車で搬送されていた頃でしょうかね。。。

人間っつーのは実に思い込みが激しいもんです。今こうやって会社に行って帰って寝て、という繰り返しがこの世の全てだと思ってしまう。なんてまぁ単純なんだろうねぇ。。。小さい頃から「こうするんだ」「ああしろ」「こうやれ」と言われてきて、いつのまにか、他人の指示に自分の生き方を全部委ねてしまえばとても楽チンなんだと気が付く。ブーブー文句を垂れながらも、上司が指示することをやって、月末になれば銀行口座に金が入る。その金で食ったり飲んだり遊んだりする。とっても楽だ。

そこで疑問が沸く。この生活は一体どういう仕組みでまわってるんだろう?

考え方は2つある。

一つは、この生活はみんなで豊かになるための仕組みに組み込まれたという考え。一人ひとりが働いて、税金を払って、富の分配をして、幸せの分配をして、死ぬリスクを分散してる。国ってやつか。

もう一つは、老人たちのゲームに巻き込まれたという考え。金を持つ老人達が、それなりの幸せを感じられる最低限ギリギリの金を与えながら俺達を働かせて、俺達の日々の消費活動から金を巻き上げてる。少しずつ少しずつ、気が付かないように。

答えはどっちでもいい。ただ、学生じゃなくなって実感したこの大きな仕組みの真相を突き止めたくなった。まずこういう生活をしたんだから、次には、この大きな仕組みを違う立ち位置から実感してみたい。そしたら、なんか、楽しそうだ。

照明gets!

実は、去年の10月に引っ越してから面倒くさくて部屋の照明を買っていない状態が続いていたのですが、会社の先輩からもらえることになり、今日宅急便で届きました。なんか明るすぎて微妙に違和感がある…。しかもリモコン付きなんですよ。あー贅沢。譲ってくれた先輩どうもありがとう。