BLOGのススメ

TBTブログ開始(ロイター通信)

tbtクンがブログを始めたようなのでここで晒しておきます

ブログを広めるために、簡単にブログとは何かを説明しておきます。
ブログとは元々WebLog(ウェブログ)だったものが省略されて後半だけを発音するようになったもんです。英語表記はBLOG。
今いろんなところで騒がれていて、ホームページ作ってる人から結構興味持たれたりしてるようですが、ブログっていまいち掴み難いもんだと思うんです。

「掲示板か?日記か?」

はい、掲示板でもあり日記でもあります。管理人だけがトピックを作れる掲示板でもありますし、コメントが付けられる日記とも言えます。その微妙なニュアンスがミソなのです。掲示板っていえばコミュニケーションをとる場所ってかんじで、日記といえばホームページの一部というか、読み物です。ブログはその丁度中間に位置しているもので、掲示板のコミュニケーションの楽しみも持っていて、さらに適度に管理者が情報発信することができる、そんなところが魅力です。

もう一つ人気の理由は、FTPとかホームページ作成ソフトとかを使う面倒がないということです。イチからホームページを作るのって結構楽しいんですが、同時にかなりのMP(精神力)を消費するはずです。このデザインはどうかな、ここに何のトピック載せようかな、とか考えを巡らせると思います。んで、最初作る時にあまりにMPを使いすぎて、その後更新を続けるMPが残ってない。そんな人々にうってつけなのもブログでしょう。FTPもいらない、デザインはその場である程度できる。だってぶっちゃけ書きたいことって文章じゃないですか。日本語じゃないですか。無理して英語フォントで「Today’s Topic」とか言い始めるとMP無くなるわけですよ。なので、掲示板に書くような勢いでブログを使えばOKです。しかもコメントが返ってくる可能性もあって、なかなか面白い。

そう、ホームページ作るの面倒、だけど俺の心の叫びを聞いて欲しい、聞いてもらえないと俺は今後も壁に向かって会話しなくちゃいけない、という人は例えばこのmyprofileとかいうサービスに登録しちゃえばいいと思います。プロフィールとか生い立ちとか日記もコミコミのサービスなので、このサービスだけやってれば「ホームページ持ってるよ」と自慢できちゃうかもしれません。しかもデザインはどっかの二流すばらしいデザイナーさん達が用意してくれたものが使えるので小奇麗に気取ってみたい人も大満足です。

さあみんなもブログを始めましょうヽ(`Д´)ノ

もし作ってみて反応が少なくて寂しければ、2chにでも晒してみましょう。数日はにぎやかです。

カノープス MTV1200FX購入

17,400なり!
正月なので奮発して購入しました。

とりあえずテレビを見てみましたがVoodoo3500TVとは比べ物にならないほど画質が良いです。
ゴースト除去も効いているっぽい。

さっそくドラゴンボール第1話を録画!
VideoCD規格で録画したところ、20分ちょいで230MB程度。
VHSぐらいの画質ならガシガシ使っても問題なさそうです。
DVD-Rドライブは持ってないので…まだ先です

タイ料理

先日、私が所属している研究室で催していた授業の打ち上げで、タイ料理店に行って来ました。

授業といってもゲームプログラムが目標だったりして、週に1回ぐらいのペースで教授に進捗を報告して俺とデバッグしながらぺちゃくちゃ喋ってれいれば単位がもらえてしまうという、なんとも美味しい演習です。うちの研究室で俺自身がコンサルしたのは3年生1人と2年生2人の3名で、Javaのプログラムのデバッグが主だったんですが、いったん説明しだすとこっちが熱くなって暴走して意味のつながらないような話をしてしまったと思いますが3名は嫌な顔ひとつしないでうなずいてくれました。みなさんすんません。

んでもって、その演習がおわったので教授と私とその生徒3名で打ち上げしようということになり、最近俺が気になっていたタイ料理店に乗り込むことに決定。大学近くの繁華街にあるボロい建物の2階にありました。看板には店の名前がタイ語とカタカナで書かれていたんですが、カタカナはどうみても標準のフォントじゃないというかネイティブなカタカナじゃなくて、そのへんからおおタイじゃんっていう実感を得ることが出来ました。実際中に入ってみると思ったよりずいぶん綺麗で、雰囲気もかなり良かったです。

注文したメイン料理はタイスキヤキです。 へぇータイにもスキヤキってあるんだそうかそうかと思って運ばれてきたそれを見たときには、ちょっとイメージと違って焦りました。鍋は完全にしゃぶしゃぶ用。具は鶏肉、きくらげ、つみれ、エビ、はるさめ、セロリ。 うーんこれって日本では鍋っていうんだけどそのへんどうなのかなって思ったんですが、メニューにはしっかりとスキヤキと書かれていましたし、タイ料理店にきたんだからタイ料理と思って食わないと損なので文句を言わずに食べました。
そしたらやっぱり鍋なんですよ。けど、なかなかこれが美味い。ラーメンのスープの鍋ってかんじで、具も薬味も独特ですが日本人の口にもぴったりまったり!これかなりオススメ。楽しくいただきました。
最後に「やっぱタイならカレーでしょう。凄くカラいよー」と教授がカレーを注文!一見するとタケノコのシチューみたいな感じでしたが、タイ料理をナメちゃいけなかったです、食べてみたらスパイスの風味も何も、舌が自分の体から遊離しちゃってるんじゃないか、ってぐらいに辛かったです。

そんなこんなで打ち上げは終了。なり満足!

よし、今度合コンやるときはタイ料理だ。「タイ料理」っつうセッティングによって普段の居酒屋合コンにはない魅力が生まれるに違いない。ただお金が多少かかるのがちょっと心配なんですが、酒メインにしなければ居酒屋よりも全然安いかな。ああもっと心配なのは合コンする相手、いや、その前に論文を仕上げないと合コンはできても卒業ができなくなる。よし、頑張ろう。

暴れ成人式

<成人式>式批判やユニークな催しも(毎日)

まぁ…ここ数年はマスコミ共々お祭りって感じなんですが、やっぱり今年もずいぶんと荒れてるみたいです。上の記事は演台にのって成人式批判したとかいう記事で、最後には成人が謝って帰ったらしいです。

私も2年前に地元の田舎町で成人式に出席した身なんですが、やっぱりアレです、そういう人たちは金髪に袴で車の上に乗ったりしてました。

土足で演台に上がるなんてことは言語道断なんですが、成人式批判っていうのはなかなか面白いかも。祝われる側が祝う側をボロクソ言うって場面はめったにないんじゃないでしょうか。しかも云いたい事はよくわかる。お偉いさんの話が長いと。誰もきいてねーよと。
でもそう言った本人が本当の意味を解って言ったのかは疑問で、かなり自己満足で終わってる可能性が高いというか、「オラオラなめんなよ」っていう勢いだったと思うんです。そしたら市長さんにも相手にされないのは仕方ない…。大人相手に感情論出すのはいけないかと。

さらにここは俺の固定観念なのでこの新成人みたいな人が聞いたらぶっとばされそうで怖いんですが、市長を前に土足で演台に乗るのは完全に人生の自爆行為です。ニュースにはならなくともこの人の親類が突然職を失ってたとしても不思議ではないというか、世の中は大きな力で動いてるってことを知らないのはマズいと思うんです。俺達若者は大目には見られるもののより大きな力に揺らされてる一部であって、それに逆らうことは本来ならとても勇気のいる行為です。知っててやるならまだしも知らないで突っ込むのは哀れだと思うんですが、まだまだ若いんですから一度や二度の失敗は気にしないっていうならそこは俺が見習いたいところでもあります。

まぁともかく、新成人おめでとー!ヽ(`Д´)ノ祝い事だぜ祭りだぜ

中島美嘉「雪の華」

やっぱりいいなぁ

中島美嘉の「雪の華」のPVとCDが手に入ったので聞いてみました。中島美嘉といえば九州出身のポーカーフェイスってイメージだったんですが、ちょっと前の「WILL」を聞いて、なるほどなるほどとうなずいてしまいました。今回のシングル「雪の華」も同じような曲なんですが、相変わらず不思議な雰囲気と潤った切ない彼女の声が、いかにも安っぽいバラードをしっかりとドラマチックな曲に仕立て上げています。

個人的にMISIAの「Everything」だとかこの手の曲はすごく好きです。
一応サウンドに興味のある私なので、Instrumentalも繰り返し聞きました。複雑なニュアンスを出すコード(マイナーセブンスだらけです)がピアノにしっかりと叩き込まれていて気持ちがいいですし、なんと言っても左前方のウエットなストリングが盛り上げています。左のアコギが足りないリズムを継ぎ足してのっぺりしないようになってたり、よくできているなぁと思いながら聞きました。
また歌詞もまた良く出来ていて(それはWILLの時にも思ったんですが)すごく気になって調べたところ、Satomiさんという方の作詞で、ホームページもありましたSatomiさんのサイト。 at glanceですがエッセイやリリックなども載せられてるようで、いろいろ感性もってる人なのかなぁと思います。ちなみにWILLのほうは違う人の作詞です。

こういう曲ってサウンドと歌詞以上に曲の表情はヴォーカルの声質に依存すると思うんです。なので、やっぱり中島美嘉じゃなきゃこの曲の良さはでない。でもアーティストとして心配なのは、こんな感じの曲を連発することで、プロデューサとか企画側がヘボッコだと末路は悲しいものになってしまいそうです。中島美嘉のキャラ共々色あせないでいてほしいです。