15年分のデータ

いま、過去15年分ぐらいのハードディスクの中身を整頓してるんだけど、
なんかもう脳が忘れ去ったことが大量に残ってて、やばいよこれ。
15年って膨大な時間なのかも。。。
要点要点だけをたどると、あっというまだけど、細かい文章だとか写真を見ると
ちゃんと1秒1秒がそこにあったんだなぁと実感する。
授業のレポート、論文、作ったソフトのソースコード、
合コンの写真、友達とのメッセのログ、毎日のメール…
15年前なんて一番人生で元気な時代のデータだから、ほんと、ひどい内容だわ。

そういう視点から今の自分を見たら、
なんかもっと生き急いで弾け飛ぶぐらいにハンドリングしても
いいんじゃないかという気になってきた。
いや忘れていたほうが幸せなのかも、という気もしなくもないけど。

そういえば、つくばに初めて住んだのが2000年だから、12年経つんだけど、
12年で、道路とか建物とか景色はそれほど変わってはいない。
つくばは結構街が大きく変わったほうだと思うけど、それでも変わってない。
よくよく見ると店がつぶれてたり看板が変わったりしてるけど。

じゃあ、10年とかの単位で時間がたったときに、一番変わりやすいのはなにか?
って考えたら、これはもう明白で、人。
人が10年たつと、何もかも変わっちゃう。
特に10代後半からの10年なんてのは、付き合う人も変わるし、
自分の性格もガラッと変わる。

だから、町の様子はほとんど同じなのに、自分の立場があまりにも当時と変わっていて
そこに一番の衝撃を受ける。
今から10年後は、また同じぐらい、変わっているんだと思う。
というより、変わっているようにしたい。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください