10年の時間で、一番変化するもの

ほんとね、まだ東京から引越して来て3日しか経ってないけど、やばいよこれ。
何がやばいかって、客観視、客観視。

さっき、ちょっと原付で10年ぶりの道を走って来たんですよ。
つくば市から、牛久を通って、龍ヶ崎まで。
そしたら、道とか建物とか雰囲気はほっとんど何も変わってない。
そりゃ10年経ってるって言っても、
道とか家は煙みたいに消えてなくなるわけじゃないから、変わるわけないんだけど。
牛久沼も国道の408号も6号も、龍ヶ崎のニュータウンの方への道もそのまんま。

で、ショックなのは、道とか家がそのままなのに比べて、人の変わりよう。
だって当時俺19歳で、まだ大学1年生だったのに比べて、
10年後の今29歳で、人間関係も事情も全部すべて変わってる。
仕事の履歴とか、結婚したりとか、知り合った人とか、いろんな経験とかで、
跡形もなく変化してる感じ。

同じ道を同じように原付で走ってみるだけで、
ものすごい体験したわ。。。
10年の客観視とか、相当やばい。
ほんと、昔を忘れてるってこういうこと言うんだなって実感した。

というわけで、これを読んでる方、
ぜひ一度、1日だけでも、想い出の場所に行ってみてください。
人生考え方変わるきっかけになるかもですよ。ええ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください