民主主義という大義名分

選挙みてると、東京都で危ない団体が支援してる某候補者が当選したことで話題になってる。

感情に走る選挙や、危ないカリスマの登場、そんな傾向はどんどん強くなっていくんだろうか。
新興国の国政を見ると、議会に武装組織が平然と議席を取っている。あれは、強大な権力基盤が存在しないからだ。日本でいえば、良くも悪くも自民党親分が強大な権力を持ち続けないと、危ない人たちが狙いに出てくる。

民主主義の本質は、民主主義という大義名分を民衆の納得に利用することで、効率よく独裁政治を続けることだ。
もちろん当の議員は絶対に本当のことは言わない。
人は、その歴史から、露骨な奴隷制度と独裁政治の非効率さに気が付き、資本主義と民主主義という建前を用意して民衆を治めることに成功した。
だからこそ、あくまで大義名分として使うのみで、それが本当に国を支配していけない。
強固な権力により支配を受けていない民衆による民主主義は、実質的には、リーダーの不在と等価だ。
民主主義がヤバくなりそうなら、良識ある権力者を信じて、手遅れになる前に「貴族院」に戻すしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください