命拾い2

もう退院してピンピン元通りなのでご心配無用なのですが、実は先日、突然2才の娘が入院する事件がありました。

夜中に突然お腹が痛いと訴え、あれよあれよという間にお腹をかかえて苦しみだし、これは普通じゃないということで近くの救急に連れて行ったのです。原因は、腸重積といって、腸が腸自身を物理的に挟み込んでしまい、そのまま放置すると腸が壊死を起して死に至る、実に恐ろしい病気でした。現代では治療方法が確立されていて、発症から24時間以内にお尻から生理食塩水で腸に圧力を掛けて押し戻すことで、90%程度は回復するとのことで、娘もこの処置で難なく回復しました。残りのケースは手術になるらしいです。嫁が小児科の看護師をやっていたことと、近くに大きい病院があったため、迅速な処置ができたのが幸いでした。処置のあとすぐに良くなり、再発の可能性があるためひと晩病院で寝て、次の日には問題なく退院となりました。

決して稀な病気ではなく、小児救急では腹痛でまず疑うべきメジャーな病気で、発症率は3才以下の乳幼児に数百人に一人という割合とのこと。医学が発達していない頃に乳児の死亡率がとても高かったのは、この腸重積みたいな、現代では治療方法が確立された病気でも簡単に命を落としてしまうからでした。むかしは乳幼児突然死症候群として扱われたりしていたらしいです。

50年前なら娘は死んでいたと思います。
乳幼児なので全額補助ですから、治療と入院すべて含めて、私が支払ったのは600円でした。
考えさせられます。

助けてくれた人たちに僕がやれることは何だろうと、少し考えました。
結論は、必要以上に喜んだり沈んだりせず、やるべきことをやっていくしかない、ということになりました。
明日からまたコツコツと仕事をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください