シン・エヴァンゲリオン

ネタバレなし。

見てきた。庵野監督、エヴァを徹底的に終わらせたかったんだろうなと思った。岡田斗司夫は卒業式だと言っていたけど、監督からきちんとケジメつけてもらえたのは、エヴァのためにもよかったのかもしれない。

エヴァの社会現象化は世相だったし、その世相は変わった。うちの娘たちのことを見ていると、今の子供たちにとっての映像とはYouTubeやNetflixやTikTokやら有象無象のネットから提供される膨大な情報の一部と化している。だから「アニメ」だとか「映画」だとかそういう切り取り方そのものが、子供たちにとっては、情報の供給チャネルがテレビや映画館ほかに限られていた前時代的なものになってるんじゃないだろか。

重厚長大な個である恐竜や大型魚類が主体だった後に、ライトウェイトな個である哺乳類や虫の集団が構成する社会が主体となった生命の歴史ように、映像作品もまた、重厚長大な作品が化石となり、ライトウェイトな作品の群体がその本体となる時代が来たのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください