インフレの足音

※先に断りますが, この考えは私個人のもので, その真偽についてもまったく保証されませんし, この記事を読んで何か行動をされた場合についても, 私は一切責任を負いませんのでご理解ください。

コロナ自体も心配なことだけど、ここにきてコロナの影響で金融危機の兆候が出てきた。世界中で株価が歴史上稀な勢いで暴落してる。もちろん株に投資していない人には暴落の影響はない。ただ、気になることは3つ。

(1)混乱を食い止めるために世界各国が兆円単位で赤字国債を発行しはじめたこと。
(2)都市封鎖ほかの影響から物資が不足する可能性がでてきたこと。
(3)円安になってきていること。

この状況はほとんど戦争中の経済だ。戦争の経済の帰結は激しいインフレだということは歴史が証明している。アベノミクス以後の長期にわたる金融緩和でたたでさえ資金がダブついていたところに, 供給が細るきっかけが生まれたらどうなるか. また輸入材料費の高騰がおきたらどうなるか。

日本ではインフレの恐ろしさを実体験した人はもうほとんど生きていない。僕も小さなころに100円の缶ジュースが120円になったぐらいしか記憶にない。デフレに慣れ切ったから、モノの値段が延々と上がっていくかもしれないという発想自体が失われて久しい。この状態で、まるでトイレットペーパーがなくなるという噂のように、人々の間で「物の値段が上がるらしいよ」と噂が広まったらどうなるか。

もともと金融が不安定になりそうな兆候があったので、僕は去年の夏頃から貯蓄のインフレヘッジを始めた。まさかコロナウイルスでこんな状態になるとは思わなかったけれど、これからはペースを早めて日本円預金以外に分散していこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください