ゆりかごのうたを唄う嫁を見て

「ゆりかごのうた」

言わずと知れた、ジャパニーズ子守唄の超有名なナンバー。J童謡。
タイトルだけ聞いて分からない人も、
youtubeで検索すりゃあイッパツで「あーこれか!」と分かるはず。

今日、外出先から自宅に帰ってきた時のこと。
寝室にいったら、嫁が子供を昼寝のために寝かしつけてたんだけど、
その時に、ゆりかごのうたを唄ってる姿を見て、なぜか衝撃受けた。。。

嫁のことは学生の頃から知ってるけど、
学生だった嫁が、今や子供を寝かしつけようと子守唄を唄ってるわけで、
今日ほど「ああ、遠くに来たもんだ」って思ったこと、なかったかも。
一児の母親になったんだっていう実感がすごかった。

あと、ゆりかごの歌のメロディが持つ、なんつーかこう、世代を超える力というか、
2012年になっても普通に歌われるって事に、感動した。

さっき思わず歌詞を調べたけど、メロディだけじゃくて詞もいい。

ゆりかごの歌を かなりやがうたうよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごの上に びわの実がゆれるよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごのつなを 木ねずみがゆするよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごの夢に 黄色の月がかかるよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

カナリヤ、びわ、木ねずみ までは全然わかるっていうか、
絵本に書けって言われたら描いてやるよ、ぐらいに具体的なんだけど、
4番目になって突然、ゆりかごの夢に黄色の月がかかるよですよ。
突然の抽象的な描画。

具体、具体、具体と、子供でも理解できる記述が続いて、
「あー子供向けの歌だねー カナリヤかわいいよねー びわの実知ってる~?」
みたいなレベルかと思いきや
突然の子供おいてけぼりのガチ抽象。
いったいどうしたの、というぐらいの豹変。

それはまるで、子供に目線を合わせるかのようにしながらも、
最後の〆で、キッパリと、果てしない大人の世界の大きさを教えるかのような。

ふと映画バトルロワイヤルで北野武のセリフ思い出した。

「お前ら大人なめてんだろ?なめんのはいいよ。
 だけどな、これだけは覚えとけ。
 人生はゲームです。
 みんなは必死になって戦って、生き残る価値のある大人になりましょう」

いや、まったくもって教育的じゃないけど。。。

ゆりかごのうたから、だいぶ逸れた。

とにかく、シンプルで素晴らしいJ童謡によって、
感動したというお話でした。

ぜんぜん関係ないけど、赤いホンダFit君は諸事情により整備工場に入院となりました。。。
一週間ぐらいで帰ってきてくれるかなぁ~。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください