この歳になって気が付く未熟さ

はい、長女がもらってきました。風邪。
幼稚園に入園から一か月たっての洗礼というか、まぁ予想内。
ゴホゴホの咳と熱。現在39度まで上昇中。
座薬入れてなんとか寝てるけど可哀そう。。。

手際よく座薬を入れる妻を見て、ああ頼りになる妻だとしみじみ思うなど。

さてさて、

幼稚園のイベントで何回か園長の話を聞くタイミングがあった。
実に思想家な方で、人を引っ張る雰囲気を感じた。
根底に思想があって、その実現手段としての法人運営がある。
一口に法人や事業体といっても、経営者の思想一つで、意識の高い低いが決まる。
決して利潤追求だけが経営じゃない。

最近、自分がもう少し会社を大きくするには、何よりもチャレンジが足りないと痛感してる。
チャレンジにはそのための原動力が必要で、それは往々にして個人的な思想であったりする。
言い換えればリスクを取っても見たい景色があるかどうか、みたいな事。
思想までと大げさにならなくても、グランドデザインとかビジョンみたいなものでもいい。
それが弱いと投資が短期的になりがちだ。

ここのところ、この歳になって気が付く未熟さが多い。
幸いにもまだ少し時間がある。
どう自身の弱点を乗り越えていくか、じっくり考えようと思う。
まずは乗り越えていけると信じるところからだ。
この信じる、というのが実は一番難しく、でも信じてしまえば簡単な事だったりもする。

「進撃の巨人」の最新話では、ケニー・アッカーマンが死ぬ直前に、
みんな何かに酔っていた、みんな何かの奴隷だったと言っている。
今の自分に足りないのは奴隷になる覚悟かもしれない。

子供の成長を横で見ながら、自分もいま一度育てなければと改めて思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください