これから1年について

いよいよ実体経済に波及してきてる。パニックが発生する可能性がちょっとだけあるかもしれない。家電とか「いずれ必要になるもの」については、余裕があるなら、早めに買っておいた方がいいかもしれない。僕は子供用のノートPCの購入を前倒しにして、車の点検をやろうと思ってる。

SPD GAR 001

lapix presents. このアルバムはまじでいい。

ダイエット2021シーズン開始

体重自体は数年前からほぼ変わってないんだけど、顔が丸くなったと言われることが増えた。アラフォーになると代謝も落ちてくるし、そろそろメンテしなければ。ということで5年振り?ぐらいに低意識ダイエット2021シーズン開始。

2016に試した糖質制限は無理だったし、目と鼻の先のジムに登録したものの、まったく運動も続かないことが判明しているため、今回は1日1,600kcalを目標としたカロリー制限のみでやっていきます。年末までに5kgぐらいしぼれればいいかな~って感じ。ダイエットというか単に食いすぎないようにするだけ、といったほうがいいかもしれない。自分にとってはそれが限界だろなぁ。。

シン・エヴァンゲリオン

ネタバレなし。

見てきた。庵野監督、エヴァを徹底的に終わらせたかったんだろうなと思った。岡田斗司夫は卒業式だと言っていたけど、監督からきちんとケジメつけてもらえたのは、エヴァのためにもよかったのかもしれない。

エヴァの社会現象化は世相だったし、その世相は変わった。うちの娘たちのことを見ていると、今の子供たちにとっての映像とはYouTubeやNetflixやTikTokやら有象無象のネットから提供される膨大な情報の一部と化している。だから「アニメ」だとか「映画」だとかそういう切り取り方そのものが、子供たちにとっては、情報の供給チャネルがテレビや映画館ほかに限られていた前時代的なものになってるんじゃないだろか。

重厚長大な個である恐竜や大型魚類が主体だった後に、ライトウェイトな個である哺乳類や虫の集団が構成する社会が主体となった生命の歴史ように、映像作品もまた、重厚長大な作品が化石となり、ライトウェイトな作品の群体がその本体となる時代が来たのかもしれない。